無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

101
2021/09/21

第6話

男子バレー部へLet's GO!
キーンコーンカーンコーン




6時間目が終わり、友達と話していたり、部活動に向かう生徒がたくさんいた…




あなた「蛍ー!忠ー!部活動行こ…!」



月島「僕達先生にちょっと呼ばれてるから、一人で行きなヨ」


山口「ごめん…あなた…、」


あなた「えー、そんな…、(泣)一人で行くのやだ…」


月島「そんな厳しいことしないから平気でしょ…」


山口「うんうん…」


あなた「わかった…(泣)行って来る…」



私は一人で体育館の方へ向かった



はあ…、緊張するな、



ダダダッ


なんか誰か走ってない?


私がまっすぐ行こうとしたら、角から人が来て次の瞬間



ドンッ


ぶつかってしまった…


あなた「痛てて…」


?「ご、ごめんなさい!!アワアワ」


ぶつかった人はオレンジ頭の男の子だった、


?「大丈夫ですか!?」


あなた「あー、別に平気…!


もしかして君も体育館行く?!」


?「うん!」


あなた「一緒に行こ!あ、私、1年の中村あなた!男バレのマネージャー希望!」


?「俺、1年のバレー部希望の日向翔陽!よろしくな!!」


日向「早く行きたいから走ろ!」



あなた「いいよいいよ!!」


動くの好きだし!


二人で走っていて体育館へ着くと…


ボンボン!!


誰かがバレーボールをついていた



?「なんでいる!?」


二人共知り合い?


?「影山飛雄!!」


黒髪が影山くん…


?「お前…………去年の…………名前は知らない…」


知らんのかい、


日向「おっ、俺の名前は日向翔陽だ!おぼっ覚えておけっ、」


オレンジ頭が日向くん…


影山「んで…、あんたは…?」


あなた「えっ、あ、私中村あなたよろしく…!」


影山「ウス…」



同じ一年生だよね…?背でか…、もっと大きい人と一緒にいるけど、笑


日向「てか、お前もっと強豪!って感じの学校あるだろ!なんでそっちに行ってないんだよ!!」


影山「………県内1の強豪校にはおちた」


落ちちゃったのか…


日向「落ちた!!?"コート上の王様"なのに!?」


コート上の王様…?


影山「……………オイその呼び方


ヤメロ。ギロ」


二人「ビクッ」


怖っ、この人…てか、コート上の王様とかかっこいいな…、でも反応からしてあまりいい意味ではなさそう…


?「いや~~!!まさか北川第一のセッターが烏野にね〜〜!!」


?「でもぜってぇーそいつナマイキっすよ!」


?「またお前…誰彼構わず威嚇するのやめろよ…!」


?「そっ、そんなことしませんよ俺!」


なんか誰かきた…


影山「ちわス!」




あなた「こんにちは!!」





?「おース」