無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第25話

わからなくなる気持ち
テテ
テテ
俺と付き合わない?
雛
えっ?
付き合うって・・・好きってことかな?
テテ
テテ
返事は今じゃなくていいよ。
けど・・・俺のことを少しは意識してほしい
雛
・・・はい
グクside
嘘だろ、Vヒョンが雛に告白・・・
テテ
テテ
じゃあ仕事に戻ろう!
雛
はい
グク
グク
ちょっと待って!
雛
グクさん?
グク
グク
雛ちょっと来て
雛
・・・はい
グク
グク
お前今Vヒョンと何話してんだ
雛
えっと、その、
テテ
テテ
告白してたんだよ俺が
グク
グク
Vヒョンどういうつもりなんですか。
テテ
テテ
選ぶのは雛ちゃんだからお前が怒る権利ないだろう
グク
グク
権利はあります。
テテ
テテ
どうして?付き合ってないのに
グク
グク
っ!それは・・・そうですけど
雛
2人ともやめてください
グク
グク
えっ?
雛
私は、どちらの気持ちも答えられません
テテ
テテ
・・・どうして?
雛
今のこの関係が続かなくなっちゃうから、
グク
グク
この関係?
雛
先輩後輩の関係が一番心地がいいんです。
それにグクさんには言いましたが、私は、約束してる人がいるから
テテ
テテ
えっ?
雛
だから2人の気持ちには答えられません。
テテ
テテ
そっか・・・
雛
ごめんなさい。
雛side
勢いで言ってしまったけどこれを言ってしまったからより気まずくなってるんじゃ・・・
あーーーー気持ちが分からない
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
作者
作者
中途半端ですみません!