無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

2人の過去
グク
グク
俺と雛は・・・子供の時に一度会ってるんだ
テテ
テテ
どう言う事だよ
グク
グク
僕が7歳で雛が6歳の時に親の仕事の関係である日本人の人と仲良くなって俺たちの家族と雛の家族でご飯を食べに行くことになって
ジミン
ジミン
それで?
グク
グク
僕はその時あった雛に一目惚れをしたんだ、
初恋だった

いつか僕たち結婚しようねって約束もした、そんなのただの子供の時のじゃれ合いにしかならないのは知ってるけど、どうしても雛と結婚したかった
テテ
テテ
だから再開して契約をしたってことか
グク
グク
そう、何もしなかったらヒョン達に取られると思ったから
ジミン
ジミン
でも、契約とかそんな方法をしたから、こんな状況になってるんじゃない?
グク
グク
分かってます。
分かってたからこそ、悔しくて悲しくて
テテ
テテ
今回だけは、許してやる行ってやれ
グク
グク
ありがとうございますVヒョン
ジミン
ジミン
雛ちゃん泣かせたらいつでも奪うから
グク
グク
はい
雛side
グクさんどこにいるんだろう・・・会いたいな・・・って何考えてるんだろう私
コンコン
グク
グク
雛?いる
雛
えっ?グクさんどうしてここに?
グク
グク
ごめん、ヒョン達に聞いてここにきた
雛
2人に
グク
グク
ごめん傷つけて契約とか勝手なこと言って
でも、契約とかじゃなくて・・・本当の彼氏彼女として生きていけないかな?
雛
・・・ごめんなさい、私約束してる人がいるんです、
グク
グク
約束?
雛
はい、
グク
グク
そっか、
グクside
僕の恋は、終わったのかな