無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2話
サライside
天童光輝
天童光輝
サr、ミツキ!
安藤ミツキ(源サライ)
ん?
天童光輝
天童光輝
あのさ、今日お昼ご飯一緒にたべない?
安藤ミツキ(源サライ)
ごめん!
天童光輝
天童光輝
え、なんかあるの?
安藤ミツキ(源サライ)
今日、果音と約束してるだ
天童光輝
天童光輝
え!果音さんと?
安藤ミツキ(源サライ)
うんいつもだけど?
天童光輝
天童光輝
マジか……
その時果音が来た
成瀬果音
成瀬果音
あそこで待ってるね
と言って光輝を無視した
天童光輝
天童光輝
っ……もっともっと進化しないとなー
安藤ミツキ(源サライ)
……
天童光輝
天童光輝
サライ?
安藤ミツキ(源サライ)
学校でその名を呼ぶな
天童光輝
天童光輝
あ、ごめん
安藤ミツキ(源サライ)
もうサライでいいよ海司と陸にも言っといて
天童光輝
天童光輝
あ、うん
安藤ミツキ(源サライ)
朱雀奏だっけ?転校してくるでしょ?果音目当てで
天童光輝
天童光輝
そうなの?
安藤ミツキ(源サライ)
女の子たちが教えてくれた
女子達
あ!ミツキ様!
安藤ミツキ(源サライ)
(ウインクをする)
女子達
キャー!クールだけど可愛い〜
サライがウインクをするとよく言われる
サライのどこが可愛いのか
そしてお昼休憩になった