無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

6話
サライside
なんでサライが、鬼邪高に行くのかはジャム男からの電話だったそれは
光輝と久しぶりに帰った時
ブーブーブー
天童光輝
天童光輝
ん?サライ電話鳴ってるよ
安藤ミツキ(源サライ)
あ、ほんとだ
安藤ミツキ(源サライ)
(ん?ジャム男?)
ジャム男
ジャム男
サライさん?
安藤ミツキ(源サライ)
どうした?
ジャム男
ジャム男
あ、あの……
安藤ミツキ(源サライ)
ゆっくりでいいから、ね
ジャム男
ジャム男
楓士雄さんが、鬼邪高からいなくなったんです
安藤ミツキ(源サライ)
え?
天童光輝
天童光輝
どうした?
安藤ミツキ(源サライ)
楓士雄が鬼邪高から居なくなったんだって
天童光輝
天童光輝
え、
ジャム男
ジャム男
そのせいで司さんが……
安藤ミツキ(源サライ)
変わったってことだね
ジャム男
ジャム男
はい…鬼邪高辞めるって言ってどこにいったか分からないんです……
安藤ミツキ(源サライ)
ねぇなんで楓士雄が居なくなったの?
ジャム男
ジャム男
おじいさんのことで帰るって入学して2週間で転校してしまったんです……
安藤ミツキ(源サライ)
ジャム男、
ジャム男
ジャム男
はい
安藤ミツキ(源サライ)
そっち行くわ
ジャム男
ジャム男
え、
安藤ミツキ(源サライ)
ジャム男、話しよ楓士雄の事司の事
ジャム男
ジャム男
はい……俺は、鬼邪高に居ますから!
安藤ミツキ(源サライ)
うん待っててね
ジャム男
ジャム男
はい
プープー
天童光輝
天童光輝
なんて?
安藤ミツキ(源サライ)
サライ、S.W.O.R.D行ってくる
天童光輝
天童光輝
S.W.O.R.Dに?
安藤ミツキ(源サライ)
うん
天童光輝
天童光輝
いつ?
安藤ミツキ(源サライ)
わかんない
天童光輝
天童光輝
そっか
天童光輝
天童光輝
ジャム男、あんま知らねぇもんな俺らの事
安藤ミツキ(源サライ)
うん……だから話ってくる
天童光輝
天童光輝
分かった
安藤ミツキ(源サライ)
後さ……
天童光輝
天童光輝
ん?
安藤ミツキ(源サライ)
海司と陸がいないだけど!なんで!
天童光輝
天童光輝
あ〜なんかサライと帰るって言ったら二人で帰れってさ
安藤ミツキ(源サライ)
そっか(まさか二人ともサライに気を使ってる?)
天童光輝
天童光輝
それより今日も果音さん可愛かったなー
安藤ミツキ(源サライ)
……
天童光輝
天童光輝
サライ?
小田島陸
小田島陸
光輝〜
天童光輝
天童光輝
おー帰ったんじゃなかったのかよ
日浦海司
日浦海司
うんなんか来たくなった
天童光輝
天童光輝
どうした?サライ
安藤ミツキ(源サライ)
別に……
久遠誠一郎
久遠誠一郎
奏早く乗れ
朱雀奏
朱雀奏
今日は歩きたいの
久遠誠一郎
久遠誠一郎
もう〜奏…
朱雀奏
朱雀奏
だから歩いて帰る
久遠誠一郎
久遠誠一郎
はぁー奏早く乗れ!
朱雀奏
朱雀奏
乗らない!
安藤ミツキ(源サライ)
(口喧嘩……それより道塞ぐなよ)
邪魔
朱雀奏
朱雀奏
え?
久遠誠一郎
久遠誠一郎
あ、
安藤ミツキ(源サライ)
通れないんだけど
朱雀奏
朱雀奏
あ、すみません……
安藤ミツキ(源サライ)
謝る暇があるならさっさと退いて
久遠誠一郎
久遠誠一郎
おい!奏になんて口を!
安藤ミツキ(源サライ)
口うるさ、朱雀奏と久遠誠一郎って道を塞がないって教わらなかったの?
朱雀奏
朱雀奏
っ……ちゃんと教わりました!
安藤ミツキ(源サライ)
じゃあ塞がないでくれる?王子だからって、道を塞いでいいってわけじゃないでしょ?
久遠誠一郎
久遠誠一郎
っ……僕らは喧嘩をしてただけだ!
安藤ミツキ(源サライ)
あっそ、喧嘩するならよそでしてくれる?行くよ光輝、海司、陸
チームNEXT
チームNEXT
う、うん
久遠誠一郎
久遠誠一郎
あいつ……生意気ぃー
天童光輝
天童光輝
……!サライを生意気扱いしないでくれます?
久遠誠一郎
久遠誠一郎
お前は、あいつの味方なのか!
天童光輝
天童光輝
サライの味方だけどなんですか?
久遠誠一郎
久遠誠一郎
お前はいつでもミツキってやつの味方だよな
天童光輝
天童光輝
当たり前
朱雀奏
朱雀奏
どうしてですか?仲のいい友達だからですか?
天童光輝
天童光輝
サライは友達じゃない
朱雀奏
朱雀奏
え?
天童光輝
天童光輝
サライの事は小さい頃から知っている!俺とサライは幼なじみで兄妹なんだ!
朱雀奏
朱雀奏
あの、安藤さん
安藤ミツキ(源サライ)
なに?
朱雀奏
朱雀奏
僕らはなんと呼べばいいですか?
安藤ミツキ(源サライ)
は?
朱雀奏
朱雀奏
このあの子達は、サライと呼んでいます僕らはn
安藤ミツキ(源サライ)
ミツキ
そういったでしょ?
朱雀奏
朱雀奏
分かりました!ミツキさんでいいですか?
安藤ミツキ(源サライ)
果音と同じミツキでいい
朱雀奏
朱雀奏
はいあと気になったのが、なんで僕らはサライと呼んではいけないのですか?
安藤ミツキ(源サライ)
光輝、海司、陸、果音にしか過去を話してないから光輝に関しては幼なじみだし
朱雀奏
朱雀奏
僕らにもh
安藤ミツキ(源サライ)
話さないもう光輝いつまで争ってるの
天童光輝
天童光輝
だって!誠一郎さんが!サライのこと生意気って言うから……
安藤ミツキ(源サライ)
もういいから行くよ!
天童光輝
天童光輝
うん……
小田島陸
小田島陸
光輝って果音さんとサライさんのことになると真剣になりますよねw
安藤ミツキ(源サライ)
そうなんだ
日浦海司
日浦海司
中学大変だったじゃないですか、サライさんから離れなくてw
安藤ミツキ(源サライ)
あ〜あったね
天童光輝
天童光輝
な、何恥ずかしい話してんだよ/////
安藤ミツキ(源サライ)
あ!あのさ
小田島陸
小田島陸
はい?
日浦海司
日浦海司
どうしました?
安藤ミツキ(源サライ)
もう、敬語いいよ
日浦海司
日浦海司
光輝みたいにタメでいいってことですか?
安藤ミツキ(源サライ)
そう言うこと
小田島陸
小田島陸
えー!
安藤ミツキ(源サライ)
いいの!光輝と同じ幼なじみみたいなもんなんだからさ
日浦海司
日浦海司
サライさん……
小田島陸
小田島陸
あざっす!
日浦海司
日浦海司
あざっす!
それで私は、司のことに帰ることになった