無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

12話
サライside
サライは学校を歩いていた
結城理一
結城理一
君が安藤ミツキ?
安藤ミツキ(源サライ)
……?(振り向く)
はい
結城理一
結城理一
良かったやっと会えたよ
安藤ミツキ(源サライ)
ミツキを探してたの?
結城理一
結城理一
まぁねこないだ来ていた君と来ていたヤンキーは何者?
安藤ミツキ(源サライ)
あ〜ミツキの幼なじみです
結城理一
結城理一
そうなのか転校してくるのか?
安藤ミツキ(源サライ)
……してきませんよ
結城理一
結城理一
君は、いつか転校するっと聞いたが……
安藤ミツキ(源サライ)
……ふっ(苦笑い)
理議長からですか?
結城理一
結城理一
そうだよ
安藤ミツキ(源サライ)
はい、転校します
私は結城先生に言ってしまった転校することを
それを影で聞いていたのは
成瀬果音
成瀬果音
っ……なんで(ボソッ)
果音だった
結城理一
結城理一
どうして転校するだ?
安藤ミツキ(源サライ)
……幼馴染を守るためですよ
結城理一
結城理一
あれ?あのヤンキーだけじゃないのか?
安藤ミツキ(源サライ)
サライの幼馴染は、8人
光輝、楓士雄、司、誠司、新太、
まどか、真也、正也
結城理一
結城理一
(やっぱり)
それがどうした?
安藤ミツキ(源サライ)
光輝以外みんなS.W.O.R.D地区にいる
だから今サライがここにいたらダメなんです
結城理一
結城理一
守りたいのか?
安藤ミツキ(源サライ)
守りたいだけじゃない恩返しをするです
結城理一
結城理一
恩返し……?
安藤ミツキ(源サライ)
はい今まで散々助けて貰ったぶんサライが守るんです
結城理一
結城理一
君は、自分の夢を壊してないか?
安藤ミツキ(源サライ)
え?壊してませんけど
結城理一
結城理一
そうならいいけど
安藤ミツキ(源サライ)
あの、何が言いたんですか?
結城理一
結城理一
君の夢は、誰かを潰すことじゃないのか?
安藤ミツキ(源サライ)
……だったらどうするんですか?
結城理一
結城理一
例えば九龍を潰すとか、(苦笑い)
安藤ミツキ(源サライ)
あなた何者?
結城理一
結城理一
結城理一と見せかけた
パパ
源亙次郎だよ
安藤ミツキ(源サライ)
パパ……
パパ
さてと光輝を殺すか
安藤ミツキ(源サライ)
……!
パパの目が変わった
そしてパパは消えた
やばい早く止めないと
サライは走り出した
一方光輝達は
天童光輝
天童光輝
よう!陸
小田島陸
小田島陸
おー光輝おはよう!
高城司
高城司
よ、光輝
天童光輝
天童光輝
あれ?サライは?
高城司
高城司
しらねぇ
天童光輝
天童光輝
大丈夫かな?
高城司
高城司
まぁ昔のサライじゃねぇから大丈夫だろ
日浦海司
日浦海司
おはよう!
天童光輝
天童光輝
おう!おはよう海司
日浦海司
日浦海司
うん!
朱雀奏
朱雀奏
おはようございます
日浦海司
日浦海司
おはようございます
京極尊人
京極尊人
なんだよオメェらここに集まって
日浦海司
日浦海司
あ、尊人さん!
小田島陸
小田島陸
あ、竜も!
京極竜
京極竜
おう
綾小路葵
綾小路葵
おはようございます皆さん
朱雀奏
朱雀奏
おはようございます、綾小路くん
綾小路葵
綾小路葵
朱雀奏おはようございます
安藤ミツキ(源サライ)
光輝!
天童光輝
天童光輝
ん?
赤いライトが光輝にの方に
安藤ミツキ(源サライ)
みんな伏せろ!
(みんなは伏せたが
光輝の方にまだ赤いライトが)
危ない!!光輝!!
天童光輝
天童光輝
え?
バン!(銃に打たれる音)
安藤ミツキ(源サライ)
ん!!
天童光輝
天童光輝
サライ?サライ!!
高城司
高城司
おい!サライ!、サライ!
安藤ミツキ(源サライ)
ハァハァハァ
高城司
高城司
起きろよ!サライ!!泣なぁ!!
京極竜
京極竜
サライ!!
日浦海司
日浦海司
サライさん!泣
小田島陸
小田島陸
サライさん!泣
京極尊人
京極尊人
ミツキ!!
朱雀奏
朱雀奏
ミツキ!
綾小路葵
綾小路葵
安藤ミツキ!!
天童光輝
天童光輝
サライ!泣
私はここで意識が切れた





司side
赤いライトが光輝の背中に
高城司
高城司
光輝!危ねぇ!
天童光輝
天童光輝
え?
俺は光輝を抱いてに避けた
高城司
高城司
おい!オメェら伏せろ!
残っている王子って奴らは背を低くした
でも、竜って奴は
京極竜
京極竜
サライが!
天童光輝
天童光輝
竜!やめろ!
京極竜
京極竜
でも!
高城司
高城司
今はいいから!もう救急車は呼んである!
京極竜
京極竜
……
竜は素直に伏せた
チャリン(銃の玉が下に転がる)
高城司
高城司
どこから来てんだ?
天童光輝
天童光輝
この玉……
高城司
高城司
ん?っ……
"これ、パパのお気に入りの銃なんだ!"
"パパね、悪い人が銃持ってたらね!この銃で持ってる銃を打つんだって!大工さんだけど色々してるだよ!"
天童光輝
天童光輝
サライの父さんの玉だ
パパ
分かったのだね……!
サライ!!
天童光輝
天童光輝
お前が、お前が打つから!サライは!
パパ
サライ……悪い……サラーーイ
悪役
(・д・)チッあんたまた元に戻ろうとしてるの?
パパ
違う、違う!でも、サライは、俺の、俺の!
大事な、大事な!娘なんだ!!
成瀬果音
成瀬果音
サライ!!
天童光輝
天童光輝
果音さん!
成瀬果音
成瀬果音
ねぇ!サライ!ねぇ!あんたには聞かないといけない事があるの!
天童光輝
天童光輝
聞かなきゃいけないこと?
悪役
もういいあんたには死んでもらうよ
パパ
やめてくれ!
悪役
……仕方ないわね、この事は九龍には黙っていたあげる。
パパ
ありがとう……
悪役
だけどあんたの娘以外敵にしてあげる
パパ
は?
投げたのは粉薬
悪役
この薬を飲みなさい
パパ
……レットラム……
悪役
の進化バージョンよ
悪役
あんたの娘はあんたの味方になるまで、
敵よ
パパ
光輝、
天童光輝
天童光輝
……?はい
パパ
後は頼んだ
天童光輝
天童光輝
何言ってっすか!
ピーポーピーポー
その時救急車が来た
パパ
サライはまだ変わってない
天童光輝
天童光輝
え?
パパ
サライはただ変身が出来なくなった
それと______らサライは変わり、喧嘩が強くなり、サライは自分で傷を治す
いつか俺は"______"
天童光輝
天童光輝
……!
ピーポーピーポーピーポー
光輝だけに聞こえ、俺たちは救急車の音にかき消されてしまった