無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

初め&プロフィール
サライは千葉から姿を消しサライは名前を変え、中学に上がったそして光輝と再会した
サライは、高3になったら楓士雄のとこに帰るそう決めていた
そして、サライが名前を変えた理由そして、サライが光輝を守りたいのは光輝が殺されるからじゃない、本当の理由とは……
安藤ミツキ(源サライ)
安藤ミツキ源サライ
光輝とは幼なじみ
そして、王子のみんなが好きな成瀬果音とも中学からの友達いや、大親友
サライは、果音のことが大好き
果音もサライのことが大好き
一応teamネクスト
team奏
朱雀奏
朱雀奏
朱雀奏
総資産数兆円といわれる朱雀グループの御曹司。容姿端麗、スポーツ万能、仕草すべてが気品にあふれる『セレブ王子』
成瀬果音が好きである事に気づいていないそして、果音の友達ミツキサライに気付かされる特技ピアノ、バレエ、合気道
久遠誠一郎
久遠誠一郎
久遠誠一郎
小さい頃から奏を仕える第一側近
奏を大事に思い特別な感情を抱いている
知識豊富で歩くウィキペディアと言われる、『メガネ王子』
必需品タブレット、爪磨き
鏑木元
鏑木元
鏑木元
奏への忠誠心が厚すぎる第二側近
虎視眈々と第一側近の座を狙う『下克上王子』
ライバル久遠誠一郎
ミツキサライの事が気になっている(恋愛感情では無い)
team京極兄弟
京極尊人
京極尊人
京極尊人
誰よりも強く優しく天真爛漫、不器用なほどに一途。弱きを助け強気を挫く『ヤンキー王子・兄』
果音の事が好きで聖ブリリアント学園に転校
光輝がミツキサライの事をサライを呼んでいることにミツキサライの事が気になっている
好きな食べ物焼肉、唐揚げ
京極竜
京極竜
京極竜
強いのにファニーフェイス、しっかり者だけど甘え上手兄・尊人を支える『ヤンキー王子・弟』
ミツキサライの過去を光輝から聞いてミツキサライの事をサライと呼んでいる
好きな食べ物唐揚げ、白ご飯
憧れの人兄貴
team生徒会
綾小路葵
綾小路葵
綾小路葵
由緒ある家の跡継ぎとして生まれ、優雅さに溢れた立ち振る舞い逞しい肉体とのギャップは女性たちを魅了する学園のトップに君臨する『生徒会長王子』
果音の名前を覚えたのが初めてで果音に運命を感じ果音に恋をするそしてミツキサライと朱雀奏の名前も覚えている
苦手分野人の名前が覚えられない
ガブリエル笹塚
ガブリエル笹塚
カブリエル笹塚
強靭な肉体と冷静沈着な判断力、
常に会長をサポートする『金髪SP王子』
会長が名前を女性の名前を覚えた事にとても喜んでいる
自慢サラサラの金髪ヘアー
teamネクスト
天童光輝
天童光輝
天童光輝
磨けば光る源石集団センター
荒削りだがフレッシュ、スタイリッシュだが素朴、クールに見えて努力家。『ダンス王子レッド』
サライと幼なじみ
ドMで妄想が激しい
成瀬果音の事が好きでも、サライを守る気持ちは変わらない
特技ボクシング、ダンス
日浦海司
日浦海司
日浦海司
怖そうに見えて意外と気弱。
周囲を和ませる天然キャラで、おばあちゃん思いダンスで人を魅了若き才能、『ダンス王子ゴールド』
中学でミツキサライと出会いミツキサライの過去も知っており、ミツキサライの事をサライさんと呼んでいる
小田島陸
小田島陸
小田島陸
チャラそうに見えて意外と真面目。友情に厚くあふれる男気。
そのダンスで万人惹きつける『ダンス王子ブラック』
海司と一緒でミツキサライの過去を知っており、ミツキサライをサライさんと呼んでいる
team先生
結城理一
結城理一
結城理一
美しいものを愛し、美しく教え、美しく生きる。美意識高めのナルシスト、先生界の絶対的センター『先生王子』
成瀬果音のことが好きになれなくて悔しい
ミツキサライの事を気になっている(恋愛感情では無いがきになっている)
team3B
嵯峨沢ハル
嵯峨沢ハル
嵯峨沢ハル
モテすぎて付き合ったら不幸になると分かっているのについ好きになってしまう。
3B界のトップを走るこの男人たらしの『美容師王子』ずっと果音とミツキサライの兄的存在だった。だから果音のことやミツキサライは「女」ではなく妹としてしかみれないが最近果音や、ミツキサライの周りに次々と現れる王子たちに気が気でない。
特徴声が大きい
翔

彼氏にしてはいけない職業・3Bバーテンダー。
恋と酒に酔わせた女は星の数ほどいると言われている、『バーテンダー王子』
ハルとTaichiと一緒に久々に学園現れる
おすすめカクテルマティーニ
Taichi
Taichi
Taichi
彼氏にしてはいけない職業・3Bのバンドマン
そのラブソングに失神した女は数知れない『バンドマン王子』
翔、ハルと一緒に久々に学園に現れる
バンドジャンルロック
成瀬果音
成瀬果音
成瀬果音
サライとは中学の大親友
サライから守られているが、自分は、サライを悲しい思いさせないようにずっとそばにいた
そしてサライが好きな人は好きにならないように努力している元々好きじゃなければ何もしない幼い頃に両親と別れ生きていたがサライとハルに出会ってから、信用するのはサライとハルだけになった。クールで不器用好きな人まで
クールに接する好きな人になにかされると
ほっぺたをつねる癖がある。それはサライも知っている