無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話








しーんと静まり返った教室。










家入硝子
ふっ…あはは








お腹を抱えて笑いだした後輩ちゃん。










ねぇ、笑ってないでなんか言ってよ!!










あと前髪くん?、は冷たい目でこっち見ないで!










夜蛾セン!!!助けて!!!










夜蛾先生
……これでも2年の先輩だ。お前ら自己紹介してやれ。









夜蛾センないす!!って言いたいとこだけど、、








あなた
これでもって、なんなんですか!!??
家入硝子
…っひ、家入硝子ですw







笑いながらなのね!!!











でも可愛いな……。







もう少し先輩っぽくしようかな。








そしたら好かれるよね…うん。










夏油傑
夏油傑です。よろしくお願いします
 






うわーーーいい子そう。










ごめんね前髪くんとか言ってて。










でも笑顔が胡散臭いよ!!!!










五条悟
………
あなた
………
あなた
…君名前は?








私、先輩だから優しく聞いてあげるもんね。










五条悟
あ?テメェなんかに教えてあげるほど優しくねぇよ。
あなた
……確かに優しくないね!!









自分のことちゃんと分かってるじゃん!!










まだくっっそ生意気な後輩よりはましだ!!










とりあえず名前聞けたし、名前すぐ忘れちゃう記憶力ポンコツだけど頑張るね。










て、白髪サングラス男の名前聞けなかったや…










まぁ、今後任務とか一緒になったら嫌でも知ることになるよね。










今日のところは諦めます!!!


━━━━━━━━━━━━━━━
👩🏻‍💻👩🏻‍💻
・ 名前を覚えるのが苦手


これは覚えなくてもほぼほぼ大丈夫だけど、何かの話で使う設定だったり…??