無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

 







寮の共通スペースでチョコ大福を頬張る










あなた
あっ、ていうか2級昇格どうだったんですか?
庵歌姫
もちろん。合格したわよ
あなた
さっすが!!!










歌姫先輩ちょっとドヤ顔なのウケるけどね。











そんな感じで2級昇格試験について話していると足音が3つ聞こえてきた。










家入硝子
あ!先輩こんにちはー
夏油傑
こんにちは
五条悟
……









おっ!!!










しょうこちゃんと……










あれ、










あなた
前髪くん、名前なんだっけ…?









そう言うとしーんと静まりかえる










そうするとしょうこちゃんが笑い始める










デジャブなんだけど…











夏油傑
…夏油傑です。









おこってる!!!










前髪くんはいやか!!!!!











あなた
ごめんね、記憶力だけはポンコツなの









ごめん!!と手を合わせるとため息をつかれる










歌姫先輩助けて!!!と思ったらしょうこちゃんと二人で話してる。











私も混ぜてや!!!!!











五条悟
どーせ、記憶力以外もポンコツだろ








やっと話したと思ったらこれかよ!