無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

夏油傑
…私と先輩二人でですか?
あなた
もちろーん!!










あっ、そういえば夏油くんとあんま話したことないなー、










あなた
補助監督さん待たせちゃってるし早く行こうか。ところで好きなデザートある?








任務前はデザート食べないとね!!!










夏油傑
そうですね。早く行きましょう。
夏油傑
デザート…特には








少し困った顔をしながらこちらへ歩いてくる










あなた
苦いものの方が好き?
夏油傑
まぁ、









なるほど。じゃあ何がいいかなー、










あなた
じゃあ、抹茶屋さん行こうか!!









苦いやつも、甘いのもあるし抹茶いいよね!










夏油傑
…任務に行くんですよね?
あなた
??うん
あなた
ほら早く行こー!!









そういって廊下を走ろうとすれば鉄拳が降り掛かってきたのは言うまでもない。













@夏油side
あなた
よろしくおねがいしまーす!!
補助監督
はい。今日はどこに?
あなた
えっと、この抹茶屋さんに!
補助監督
了解です。美味しそうですね
あなた
分かります!?









なんなんだろうかこの先輩。










前に悟と闘った時のオーラは凄まじかった。のになんなんだろうこのほんわかした雰囲気は。











夏油傑
…先輩任務はまだ行かないんですか?
あなた
ん?だって“ 栄養補給 ”大事じゃん!!








マイペースだな、なんというか











“ 悟より扱いずらそう ”