無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

夜蛾先生
糸川……確かにムカつくのはわかるが、抑えろ。
夜蛾先生
いずれこういう呪霊に出会うかもしれない。その時にかっとなって、攻撃が単調になっては困る









何言ってんの










あなた
舐めないでください。
あなた
こんな煽りでこの私の攻撃が単調になると思ってるんですか?
夜蛾先生
……それと“ 五条 ” 。先輩に対する口調じゃないだろ。、










無視かよ!!!










あなた
白髪サングラス男の名前は五条だったのか。なるほど。
五条悟
テメェざけてんじゃねえぞ!!
五条悟
そんな呑気なやつが特級でたまるかよ









ふざけてる?










五条悟
表出て勝負しろよ
あなた
……夜蛾センがいいって言うなら









こういうのは受けない主義だけど










“ ふざけてるやつ ”なんて言われて黙っちゃいらんない。










夜蛾先生
…5分だけだぞ










そんな私をみてか、珍しく夜蛾センが承諾してくれた。









どんな術式か知らんけど、やるからにはギタギタにしてやるよ。