無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

“ 後輩ちゃん ”

翌日朝___.











後輩くんの名前を聞きに行こうと思ったものの…










あなた
今日、任務じゃんか〜〜









まじかー、なんて呟きながら寮をとぼとぼ歩く










家入硝子
あっ、糸川先輩おはようございます
あなた
おはよう、しょうこちゃん。









よし。先輩らしくいくぞ!!!










あなた
しょうこちゃんは任務はまだだよね?





@ 家入side





家入硝子
?はい。入学したてなので







朝いちばんに会った先輩と立ち話をする。










なんか昨日と雰囲気が違うような……










家入硝子
あのー、先輩昨日と雰囲気違いますけどなんかありましたか?
あなた
!!??
あなた
バレちったかー。いい先輩を振舞ってみたんだけどなぁ、うーん難しい









そう言いながら顔を顰めて腕を組む先輩。










家入硝子
私は昨日の先輩好きでしたよ?
あなた
!ほんとに!?じゃあ、普通でもいい?
家入硝子
はい。もちろん








そう言うとやった!!、と言いながら跳ねだした先輩。










もうすこし静かにして欲しかったかもしれない