無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

帰宅
you
ただいま~
じょんぐく
じょんぐく
おかえり❤
you
グクもじゃん
じょんぐく
じょんぐく
ただいま~
you
おかえり❤
帰宅してそれぞれの部屋に戻る
※あなたちゃんの部屋とグクの部屋は隣

あなたちゃんの部屋
you
ふぅ、疲れたぁー
you
お風呂入ろっかな~
お風呂入るんだって((他人事かよ

お風呂に入ったら絶対歌うのがあなたちゃん式




おふろ🛀
you
おっちょっな!
you
せんがんなっ!
あらあなたちゃんCARAT?

セブチの曲歌ってるね









あ、詳しくは掛け声だ((


じょんぐく
じょんぐく
ヌナっ!僕のバナナキックが無いよ!!
you
知らないよー
歌ってる途中なのにとか思ってるあなたちゃん

バナナキックなんていくらでもあるやん((黙れ
何してんのよ...(遠い目)
じょんぐく
じょんぐく
あ、鞄の中だ!
you
バイバーイ
じょんぐく
じょんぐく
バイバイっ!
もう少し探してから来てよ...((誰
おふろ上がった
you
お腹空いた~
部屋のベットでゴロゴロ中


そういえばまだお昼ご飯食べて無い

じょんぐく
じょんぐく
僕が作ったげる
you
えっ、いつから居たの....軽くホラーだよ
じょんぐく
じょんぐく
え、なんて事言うの( ̄ー ̄)
you
ラーメンたべたい
じょんぐく
じょんぐく
(え、無視した?え、?可愛いからいっか、)
じょんぐく
じょんぐく
りょーかい
で、二人でラーメン食べて仲良くあなたちゃんの部屋にいる
you
美味しかった~
じょんぐく
じょんぐく
だね~
you
うん(*´∇`*)
じょんぐく
じょんぐく
眠たいね、
you
だね、
気が付けば寝てたあなたちゃん
その時隠し撮りしてたなんて絶対言えないbyじょんぐく
午後7時

あなたちゃんは寝ている模様
じょんぐく
じょんぐく
可愛いなぁ❤
じょんぐくも眠たくなったから寝たんだって




















もちろん隣でね...♡