無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

ユンギとかいう先輩
みんゆんぎ
みんゆんぎ
ユンギがあなたちゃんに白くて細長い布を渡した
you
これ何ですか?
みんゆんぎ
みんゆんぎ
足と足を繋ぐやつ
みんゆんぎ
みんゆんぎ
とりあえず巻こ
あなたちゃんの左足とユンギの右足を布で繋いだ
you
うわお
みんゆんぎ
みんゆんぎ
じゃ、進むぞ
you
なんか怖くなってきた
そらそうだろ



君たち足繋いだだけだよ
みんゆんぎ
みんゆんぎ
んじゃ、こうしたら良い
って言ってユンギはあなたちゃんと肩組む
  
流石先輩


で、あなたちゃんも肩組む


これで怖くないでしょ((は
you
どうやって進むの?
みんゆんぎ
みんゆんぎ
えっとな、....掛け声的な?
you
何で疑問形
みんゆんぎ
みんゆんぎ
何となく
you
....変な先輩笑
みんゆんぎ
みんゆんぎ
うるさい
そう言ってユンギがあなたちゃんの頭ポンってする


これ周りから見たら完全カップルよね

ま、そんな事気にせず練習します
you
いち、に、の掛け声で行きます?
みんゆんぎ
みんゆんぎ
お前タメで話せよ なんかムズムズするから
you
りょーかい
みんゆんぎ
みんゆんぎ
んじゃ、最初は繋いだ足の方から進むぞ
you
おっけい
みんゆんぎ
みんゆんぎ
せーの、
『いち、に、いち、に、』
バタッ
you
いった、
足が引っ掛かって両方こけるっていうね
みんゆんぎ
みんゆんぎ
ちょっと進めた
you
だね、
あなたちゃんの足から血出てる
you
いたい
みんゆんぎ
みんゆんぎ
当たり前だろ
みんゆんぎ
みんゆんぎ
ほら立て 保健室行くぞ
こういうところで手かしてくれるユンギ優しいよね
you
ありがとう
手をかりようとしたら



パシッ
じょんぐく
じょんぐく
僕のヌナなんです!親しくしないでください!!
you
えっ、?
みんゆんぎ
みんゆんぎ
お前誰だよ...てかあなた一年だぞ?ヌナって...お前中学生か?
じょんぐく
じょんぐく
何でもいいじゃないですか!
ぱくじみん
ぱくじみん
大丈夫?あなたちゃん
てひょん
てひょん
ほら
クオズ二人から手かりれるなんて裏山しい((字が違うぞ
 


you
ありがとう...
みんゆんぎ
みんゆんぎ
今からあなた保健室連れてくとこなんだけど
じょんぐく
じょんぐく
僕が連れてきます
って言ってあなたちゃん保健室連れてく


クオズは練習戻ったってさ






ていうかグク今嫉妬の嵐なんだけど