無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2
2021/08/18

第13話

リゾート
蘭丸
おれたちがいるのは、
新しくできたばかりの複合型ビーチリゾートだ。
今日はプレオープンデーってことで招待してもらった。

フウマ
屋外と屋内のエリアがあって、
屋外はこのビーチ。向こうの建物が屋内プールだ。
全部合わせると、相当でかいリゾートだな。

蘭丸
気の向くままに楽しむのも悪くねぇが、
一日じゃ遊びつくせねぇほど広い。
そこでだ。

フウマ
これからおれたちが注目スポットを回っていくから、
めぼしい場所を見つける手がかりにすればいい。
心にひっかかるもんが絶対あるはずだ。

蘭丸
前置きはこのくらいにして……そろそろ行くか。
この真っ青な海を見てると、体を動かしたくなるぜ。

蘭丸
水上ボートカフェか……。
くつろぎながら腹いっぱいになれるところはいいが
揺れがいい感じで眠くなるな……ふわぁ。

フウマ
兄さん、膝枕

蘭丸
ああ、悪いな

レン
お客様、お昼寝中に申し訳ございません。
ご注文いただいた、「トロピカルフルーツ盛り合わせ
ハードロックスタイル」をお持ちいたしました。

蘭丸
んなメニュー頼んでねぇ。あと、本当に寝るわけねぇだろ。
このまま眠れるぐらい快適ではあるけどな。
……やっぱレン、てめぇか。声でわかるっつーの。

レン
すぐバレちゃった。さすがランちゃんだね。
すごく気持ちよさそうだったから気になってさ。
オレも一緒にひと休みしてもいい?

蘭丸
席は空いてる。好きにしろよ。
……で、そのナントカ盛りってやつ。
こっちにもよこせ。

蘭丸
ほら、フウマ

フウマ
ん、おいひい

蘭丸
さっきは勢いづいて、
砂浜までギリギリ乗りっぱなしでいっちまったが、
水面を滑るのにもだいぶ慣れてきた。

フウマ
風を知って体に叩き込む。
リゾートとはいえ、
自然の前で生半可な覚悟は役に立たねぇからな。

蘭丸
こけて落ちたとしても、また乗る度に刺激を受ける。
真夏の太陽が輝く、
ここでしか見られねぇ景色がある!

フウマ
っしゃあ!
今の感覚、サイコーだったな。
忘れねぇうちにこのまま攻める!

蘭丸
次は特大ジャンプに挑戦してやるぜ。
風を感じて、波をつかんでこそロック!
見てろよ。おれらのスタイルをな!

END