無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

# 7 〔また今日と同じ明日が来る〕



少クラソロ順に話が展開していくので、タイトルに曲名がついてます!

番外編じゃなく一応本編なので読み飛ばさず読んでくれるといいな😁

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
神崎(なまえ)
神崎あなた
ふぅ、.....
小さく息をつき、部屋に戻ると、どさりとベッドに寄りかかった。






......作間龍斗さくまりゅうとくん。
同じクラスの人でしか認識しないようにしてた人。


けど、今日加わった項目。


すごく優しい。
神崎(なまえ)
神崎あなた
......
そういえば、私、彼のこと何も知らない.....。

作間くんどころか、人を避けてきて、蒼ちゃんと麻佳のことぐらいしか知らないけど、もっと声に耳を澄ませれば、近くにいい人いたのかな....。


.......もっと、知ろう。


周りに耳を澄ませるようにして。


話せなくてもいい、怖ければ辞めてもいい。


でも、拒絶をやめれば世界が見えるかもしれない。
神崎(なまえ)
神崎あなた
.......素直になりなよ、
自分にそう言い聞かせた後、降りてきた歌詞のフレーズの案をノートに書き留めておく。

その後、毎回録画の少クラを見ようと、再生ボタンを押した。
作間龍斗(サクマ リュウト)
作間龍斗(サクマ リュウト)
Tell Me なんだか眠れない夜に頭の中くすぐらてるような
ねえどこを搔いたら治まるの?
そうTell Me Tell Me
神崎(なまえ)
神崎あなた
........!
私に言ってたことと、同じだ。
作間龍斗(サクマ リュウト)
作間龍斗(サクマ リュウト)
あれもこれも欲しくなった欲望に襲われた僕には
もう一度君に笑顔を...? oh Tell Me Tell Me...
綺麗な声。

精細だけどなめらかなダンス。

それから....歌詞にも溢れている優しさ。


目が、作間くんに釘付けになった。