前の話
一覧へ
次の話

第1話

私の彼氏は、冨岡義勇という柱だ
彼は強いし、カッコイイし、尊敬できる剣士だ
だが一つ問題があった。
それは………
口がが少なく
いや少なすぎてよく分からない。
でも最近は付き合ってるのかどうなのかも分からない。
最近ずっとしのぶちゃんといるあの人は
たのしそうだった。
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あら!あなたちゃん!
あなた
あなた
蜜璃ちゃんニコッ
宇髄天元
宇髄天元
今日も地味だなぁ
あなた
あなた
宇髄さんは相変わらず派手ですね笑
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あとから暇?
あなた
あなた
うん!大丈夫だよ!
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
新しい甘味屋ができたの一緒に行かない?
あなた
あなた
うん!行こおニコッ
こんな感じで気にしているのか、私に構ってくる
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
本当にそう言う所ですよ?冨岡さんニコッ
冨岡義勇
冨岡義勇
そ、そうか?
2人はとても楽しそうに話ていた。
しのぶちゃんは微笑んでいたし、冨岡さんも割と楽しそうだった
私はこの2人にとっては邪魔者だった
………END