無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

451
2019/06/11

第3話


では、18年前、私が産まれる前からのお話をしよう。



ー18年前ー
あなた!赤ちゃんが出来たのよ!
そうなのか!
それは楽しみだ(o´艸`)
出産予定日
痛たた…
おい、陣痛か…?
(頷く)
病院に電話するから、待ってろ!
プルルルル
もしもし
看護師
こちら○○病院です
妻が陣痛で、!!
看護師
分かりました、救急車を手配します。住所をお願いします
はい、○○○○○○○-○○です
看護師
わかりました、15分ほどで着くと思いますので、奥様の楽な体制を保ってあげてください
はい
プープープー←電話が切れる音
15分ほどで着くってよ、それまで頑張ろな?
痛い…
15分後
看護師
お待たせしました
看護師
こちらです
ことは過ぎ、5時間が経とうとしていた
…大丈夫か…
赤ちゃん(あなた)
おぎゃーおぎゃー
看護師
旦那さん!産まれましたよ!
ほんとですか!良かった…
看護師
こちらです


部屋に案内
あなた…(赤ちゃんを抱いてる)
可愛いなぁ!
あなたにそっくりね♡
そーかー?笑















幸せな瞬間ですね。
…でも、













幸せなのはここまで。































壮絶な日々が待っていた。。