無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

何やかんやありまして←飛ばすなwby重岡


約2年が経った







今日は、濵ちゃんと神ちゃん以外仕事。
神山
あなた〜 お昼ご飯やで〜
濵田
ほんま可愛ええなぁあなた
あなた

キャッキャッ😆

神山
笑ったーw
あなた

か…かみ…

濵田
お、なんか言いそうやぞ!
あなた

かみ…かっ…

あなた

…( ˙࿁˙ )

神・濵「_(┐「ε:)_ズコー」
神山
さすが俺らが育てた子やw
濵田
ちゃんと分かっとるw
あなた

かみたん!

神山
…?かみたん?
濵田
神ちゃんって言いたいんやろ!
神山
うぇぇぇ!まじ!初めて神ちゃん言うてくれたー!!!
濵田
あなた初や!人の名前言うた!!
神山
やばぁぁあ!嬉しっ!!
神ちゃん、ただいまぴょんぴょん飛び跳ねてます(
濵田
ちょちょちょ、あなた、俺は?
あなた

は…はま…

濵田
おんおん
あなた

は…(`Д´)´,·.·`ハックション!!!

神山
。゚(゚^∀^゚)゚。ギャハハ!
濵田
なんっでやねんwww
神山
あなたはちゃんとバライティーを知ってるなw
あなた

キャッキャッ😆

濵田
いつか言うてくれるよな…あなた
神山
言うてくれるて、笑







あなたが初めて言葉を喋った日であった