無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第20話

あなた

たっだいま〜

神山
えぇぇ?!あなた?
濵田
学校行ったんちゃうの?!
あなた

学校には行ったんやで?

中間
じゃあなんでここに居るねん
あなた

なんか先生に今日は自宅待機しとけーって

小瀧
先生も見た感じやな、
重岡
ぽいな
あなた

え?なぁ、みんな、どーゆーこと?

神山
それが…、


テレビ

加藤さん 『まさか神山くんがねぇー』

あなた

え?



テレビに駆け寄る
あなた

ちょ、これって

神山
ごめんなさい、俺の不注意で撮られてしもうた…。
重岡
神ちゃんのせいやない、
桐山
せやで?いつかは言わへんとあかん事やったし、
中間
今はとにかく会見せなアカンな、
神山
俺1人で頑張る
重岡
神ちゃん、俺も行こか?
神山
大丈夫、これは俺が行かな。
あなた

あなたも行く、

神山
あなたはまだ学生やからあかんで?
あなた

でも、これはあなたにも関係してる。それにあなたにも責任がある。

神山
それにしたって
あなた

あなたは、何れにしても言わなきゃ言わないゃいけなかったことを言うだけ。

あなた

二度と誤解されないように

神山
あなた…
藤井
あなたはちゃんとカメラの前、記者たちの前で話せる自信あんねんな?
あなた

ある、絶対言える

藤井
なら神ちゃんと2人で行ける。立派な高校生やん!
あなた

流星がなんかまともな事言うてる…笑

藤井
え、そこ?
中間
ごめん、俺も思った笑
重岡
同期の俺も思ったわ笑
神山
それじゃああなた、会見するまで学校は行かれへんけど平気?
あなた

うん!大丈夫、ちょっとは勉強する

小瀧
ちょっとなんや笑
あなた

そこはまだ未熟な高校生笑

WEST+あなた
笑笑