第3話

1話
タッタッ💨
あなた

はぁーはぁー💦

あなた

(みんなやられちゃった=)

小娘ごときが、俺から逃げられるとでも思ってるのか?
あなた

(やばい、、逃げなきゃ食べられちゃう💦)

てめぇーの家族は不味かったなぁ〜
性格の悪さが出たんだろうな(笑)
あなた

はぁーはぁー💨

てめぇは稀血の上、心が綺麗だ
ガキの女はうめぇーんだよなぁ〜
あなた

(稀血?なにそれ!?)

それにしても、案外すばしっこいな笑
あなた

はぁーはぁー

まてよ!笑
グサッ!
あなた

きゃ!

おー、綺麗な血だな(ニマッ
あなた

(ゾワッ

稀血なんて何百年ぶりだ(ペロッ
あなた

(なにこれ、私今日死ぬの?
せっかくあの人たちも死んだのに、、、私も向こうに行くの?)

安心しろ(ニコッ
殺しはしない、
あなた

え?

死なない程度に血を吸って、
そうだな、、22くらいが食べ頃だなぁ♡
貴重な稀血なんだすぐには食べれないなぁ〜(ペロッ
あなた

(ゾワッ

その鬼の目はとても気持ち悪く私の全身は震えが止まらなかった
大人しくしないと、足折るぞ?
鬼は自分の縄張りまで私を引きずり歩いた
体中が焼けるようだった、血が止まらない
ここが俺の縄張りだ
あなた

はぁーはぁー

ポタッポタッ🩸
人間ってのは可哀想だな(笑
弱くて何も出来なくてただ死を待っている
てめぇーの家族も馬鹿だよな笑
あんなあっさり死んで俺に食われるとか笑
あなた

、、、

てめぇーもよ、家族が俺に殺されたってのに俺に何も出来ねぇーなんて惨めだな
おい、なんか喋ったらどうだ?
家族を殺したんだぞ!?なんか言いたいことあるだろ!?
あなた

言いたいこと、、

ああ、俺は人間の悲しみの怒りが好きなんだぁ〜
とても綺麗でゾクゾクする(ニヤッ
あなた

ありがとう(にこっ
あの人たちを殺してくれて

はぁ?
あなた

あの人たちは家族なんかじゃない、
家族だと思いたくないの

感謝?
変わったガキだな
あなた

(私もここで死ぬのか、、血を鬼に与え続けて枯れて死ぬのか)

てめぇーの稀血で俺は強い肉体を得て
あの方に認められるんだ!
だから、死ぬんじゃねぇーぞ?
それに、逃げようとした時は分かってるな?
あなた

、、、

どーせ、私を助けてくれる人はいない
ここで死ぬんだ、、
私が鬼に攫われたのは十一の年の頃だった