第72話

67話
みんなより早く柱稽古を終えた私はお館様の屋敷へ向かった
あなた

こんにちは!お館様!

お館様
お館様
この声はあなただね(にこっ
あなた

お体は大丈夫てすか?

お館様
お館様
うん、大丈夫だよ、、
お館様
お館様
だけどね、私もそんな長くないみたい、(^_^)
悲しそうに微笑むお館様
涙が出てきそうだ、だけど泣いてはお館様に迷惑をかける、
あなた

(. .)

お館様
お館様
そんな顔しないで(にこっ
お館様
お館様
私はあなたの笑っている顔が好きなんだ(にこっ
あなた

わ、私もお館様が大好きです、、

お館様
お館様
嬉しいよ(にこっ
ありがとうね
日に日に弱っていくお館様が母親と重なった、、
お館様
お館様
実弥と喧嘩したんだね?
あなた

、、喧嘩っていうか、、

お館様
お館様
実弥はね、強いけどとても寂しいんだ
お館様
お館様
あなたの力で笑顔にしてあげてね(にこっ
お館様
お館様
あなたが実弥の元に来てから実弥も少しずつ変わってるから(にこっ
あなた

、、、

お館様
お館様
大切にしてあげてね(にこっ
あなた

はい!

お館様
お館様
ありがと(にこっ
あなた

お館様、、

お館様
お館様
なんだい?
あなた

お館様は、幸せですか?

それを聞いたお館様は少しびっくりしたあと微笑みながら
お館様
お館様
もちろんだよ?(にこっ
だって私には可愛い子供たちが沢山いるから
私は、その言葉に涙を流した
あなた

(ツー💧

お館様は微笑み私を優しく抱き寄せてくれた
父親とはこういうものなのかと初めて知らせてくれる、、
とても暖かい、、
お館様
お館様
私の可愛い子供よ、、絶対に生きてね
鬼のない世界を生きてね、
あまりの安心と暖かさで眠ってしまった、
トントンっと優しくさすってくれる優しい大好きな  お父さん
あなた

、、、(*_ _)zzZ