無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

3♡"
永「てか それ言っていいん?」




『んー わかんないです笑』







髙「敬語やーめよー」














『わかりまっあっ えーと分かった(^-^)』










平「かわいっ♡ボソッ」












『え?』












平「なんでもねーよ デコピン」






『ちょっ。痛っ』











あなた(意外と平野紫耀?って人話せる人だったんだ。てかこの人一番カッコイイ って私何考えてんだ?)





















永「じゃーさ一緒に行かない? 説明受けに」






髙「いいねいいねー」












『いやでもぉー』






























平「俺はこいつ。あなた?って人がいるなら行かない」




























『はぁぁぁああああ?????』
























『まず、お前らが話しかけてきたんだけど』
『それでその態度?』





『イケメンのムダ使いだねぇーーー』




















髙「落ち着いて?りさちゃん」
















『部外者は黙ってろ』














平「お前 その言い方はないだろ は?」



平「イケメンの無駄使いだと?」









平「お前はな」






平「かわいいの無駄使いなんだよ」(てか俺かっこいいって思われてたんだ。嬉しいっ って俺!)



















『はぁーーあ』(てか可愛いって思われてたんだ)





















『お前となんか一生喋りませーーん(睨む』

























平「あーーーそーですか」




平「ありがとう。ありがとう。」










平「めっちゃ嬉しいですぅーお前となんか喋ってやるか」


























先生「お前らな平野紫耀と菊池あなたか?」




先生「朝っぱらからケンカして 仲いいなぁー」













平・菊『「違います 仲良くなんてありません ムカ」』










先生「喧嘩するほど仲がいいと言うではないか」





先生「暴力はダメだぞ」




帰って行った









菊(もーーなんなの先生まで もーウザイウザイ)








平(俺がこいつと仲がいい?なーに行ってんだクソジジイ)















永「まっ はよいこやー」






あなたが永・髙・平から離れていくと……












髙「だーめ!一緒に行くの!♡」














































もう平野紫耀?以外はいいのに






NEXT━








































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

r!s@
r!s@
天 然 王 子 に 恋 を し た 。 #平野紫耀 ┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈ リクエストとかあればお願いします┏○ペコ 基本ジャニーズ 皆さんの心に残るようなお話が書けるようになりたいです☺ ┈┈┈┈┈┈┈ ❁ ❁ ❁ ┈┈┈┈┈┈┈┈ 尊敬さん→# H o n o _💛 →舞桜🌸︎💕︎ →円城寺 栗花落 →姫奈川 紫優海🦄🍇🍷 ほんとにみんな神すぎて…… うますぎて……。 楽しみにしてます! まじで尊敬です🦄 ━━━━━━━━━━━━━━━ みんなが楽しめるような話が書けるように頑張ります いつか尊敬されるような人に…… とか高い目標持ってます! ちょっとでもいいと思ってくれたら嬉しいです😁
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る