無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

👠
Mamehara Issei
Mamehara Issei
そういえばあなた、あれから大丈夫?
Me
Me
あ、うん!大丈夫!
豆ちゃん、色々話聞いてくれてありがとう。
Mamehara Issei
Mamehara Issei
なら良かった〜
あなたが本当に辛そうなのに、
何もしない訳にはいかないもんね!



実は、元彼と別れてから、豆ちゃんにも色々相談に乗ってもらっていた。




(…今回は、るっくんに沢山助けられたけどね)





豆ちゃんにそんなこと言ったら、独占欲強いから、1週間ぐらい毎晩飲みに誘われそうだから言わないでおこう。





Kouno Junki
Kouno Junki
なんかあなたさん、雰囲気変わった?



突然、純喜さんが聞いてきた。
Me
Me
そうですか?
Mamehara Issei
Mamehara Issei
確かに。髪も染めたし、
ドレスも白とか着なかったのにね。


豆ちゃんも、私の変化に気づいて聞いてきた。



Me
Me
新しい自分になろうかと思って!
Kouno Junki
Kouno Junki
そうなんや!
髪色もドレスもよう似合ってるで!!
Me
Me
ありがとうございます!
Mamehara Issei
Mamehara Issei
…なんか、あなた、可愛くなった?
Me
Me
え?


黙ってると思えば、何を言っているのだ、この方は。


Mamehara Issei
Mamehara Issei
…恋でもしてるの?
Me
Me
な、まさか〜


(恋…なのかは分からないけど…)







確かに、るっくんに出会ってから、変わったのは、さすがに自分でも自覚していた。





Mamehara Issei
Mamehara Issei
怪しい〜😕
Me
Me
だからそんなんじゃないって!ね?
Mamehara Issei
Mamehara Issei
( ̄・ω・ ̄)
Kouno Junki
Kouno Junki
まぁまぁ!
…あ、豆!そろそろ出ないと!
Mamehara Issei
Mamehara Issei
もうそんな時間?
Me
Me
あ、じゃあ出口まで!
Kouno Junki
Kouno Junki
ありがとうな〜!頼むわ!


お2人は、この後予定があるみたいで、来店して1時間半ぐらいで店を出た。




Me
Me
豆原さん、河野さん、
今日はありがとうございました。
黒服もいるので、さすがにさん付けに戻す。



Mamehara Issei
Mamehara Issei
また来るね。…あ、あなた、
Me
Me
?


豆ちゃんは、私の耳元で、



Mamehara Issei
Mamehara Issei
次は赤のドレス着てほしいな?


と囁いて、タクシーに乗った。




Kouno Junki
Kouno Junki
多分、豆は勘づいてると思うで?
俺もなんとなくわかってたけど笑


「ほな!次はウチに遊びに来てや!」と、純喜さんも、手を振りながらタクシーに乗った。






(バレてたのか…)





独占欲強いって、恐ろしいと思った反面、可愛いとも思ってしまった。












✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩







作者通りまーす!!!





やーっと豆ちゃんとずんきち出せた😭😭






どういう風に出そうか悩んでて、

とりあえず思いついた時に書いてみたんですけど、どうですかね?






良かったら感想お待ちしています✋🏻






近々、リクエスト専用の短編集を別に出そうと思ってるので、

そちらの方もよろしくお願いします🙇‍♀️