無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

👠
Me
Me
はぁ…心臓が持たない///



恥ずかしくなって、急いでエントランスに入り、ソファーに座り込んだ。




すると、スマホが鳴り、確認してみると、るっくんのLINEが追加されたみたいだった。





私はすぐに追加して、トーク画面を開き、メッセージを送った。







Me
Me
"今日はありがとうございました。"








メッセージを送ってすぐにるっくんから返信が返ってきた。








Shiroiwa Ruki
Shiroiwa Ruki
"こちらこそ。
あなたと距離が縮まって嬉しいよ。
今日はゆっくり寝てね。おやすみ。"





LINEでもこの人はさらっと甘い言葉を言う。






(きっの生粋の王子様なんだな。)






そう思ったらなんとなく納得出来た。






私は、"おやすみなさい"と返信をし、自分の部屋に帰った。








今日は、本当に色んなことがあって、








でも、過去を少し乗り越えられた気がする。








それも全部、るっくんのおかげだ。








(早く会いたいな…)







別れてからまだそんなに時間も経っていないのに、会いたいと思ってしまうなんて、








Me
Me
私、るっくんにハマったのかな…








…今日はいつもより穏やかな気持ちで、寝れそうだ。