無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

👠


その後もるっくんと色んな話して、お互いの好きな物とか嫌いなものとか趣味とか、沢山るっくんのことを知ることが出来た。





Me
Me
るっくんって、コーラ好きなの?
Shiroiwa Ruki
Shiroiwa Ruki
お酒飲むなら、コーラ飲みたいぐらい笑
さすがに仕事中はお酒飲むけどね〜
Me
Me
じゃあ明日お店行ったらコーラ入れる?笑
Shiroiwa Ruki
Shiroiwa Ruki
おっ、それが一番嬉しい笑
Me
Me
なにそれ笑



こういう和やかな話をしている時間をも、るっくんとならなんでも愛おしいと思う。





幸せを噛み締めていると、部屋をノックする音が聞こえた。




Me
Me
はい。
黒服
黒服
失礼します。
あなたさん、7番テーブルにお願いします。
Me
Me
わかった。
じゃあるっくん、またね。
Shiroiwa Ruki
Shiroiwa Ruki
うん、すぐ戻ってきてね?



(え、なに可愛すぎません?この方)



Me
Me
うん。



どうにか顔が緩まないように引き締めて、るっくんに挨拶をして部屋を出た。





Me
Me
7番テーブルってVIPよね?



豆ちゃんと純喜さんは先程帰られたし、蓮さんは今日仕事ってるっくん言ってたし…





黒服
黒服
The STARの川西様ですよ、あなた。
Me
Me
へ?ゆいかちゃん指名じゃないの?
黒服
黒服
ゆいかさん、今、○○の社長についているので、それまでの繋ぎという感じですかね。
Me
Me
あーなるほどね。了解。


繋ぎでナンバー上位を出すのは、ゆいかちゃんぐらいしかいないか、笑





部屋に入る前に、リップを塗り直し、7番テーブルに向かった。







黒服
黒服
失礼します。
こちら、当店No.1のあなたです。




黒服が挨拶して、すぐにお客様の側へ寄った。