無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

👠


席についてから、もう3時間は経ったはず。




4人ともいい感じにお酒も入って、話も弾んできた。





黒服
黒服
ゆいかさん、6番テーブルご指名です。
Yuika
Yuika
あ、はーい!
じゃあ、蓮さんに瑠姫さん。
またお話しましょうね〜!


別室のVIPルームからの指名が入り、ゆいかちゃんは2人に挨拶をして、部屋を出た。




部屋を出る時、とてもルンルンしていたので、多分、推しの川西様が来たのだろう。




Kawashiri Ren
Kawashiri Ren
ねね、あなたさん。
ゆいかちゃん、凄くルンルンだったけど
次の人、そんなにいい客なの?
Me
Me
あ、多分The STARの川西様だと思います。
ゆいかちゃんの推しなので笑
Shiroiwa Ruki
Shiroiwa Ruki
The STARの川西って、No.1の?
Me
Me
はい。
前にThe STARの前通った時に川西様とすれ違って、それで一目惚れしたみたいですよ?
Kawashiri Ren
Kawashiri Ren
気に入っちゃったんだ笑
なーんだ、残念。
Shiroiwa Ruki
Shiroiwa Ruki
蓮くん、ゆいかちゃんのこと狙ってたんですか?
Kawashiri Ren
Kawashiri Ren
んー?秘密かな笑
Me
Me
蓮さんって、結構秘密主義なんですね笑
Shiroiwa Ruki
Shiroiwa Ruki
仲良い俺にまで秘密事多いから笑


見た目とのギャップ凄いけど、そういう所は見た目通りだなとか思ってしまった。



黒服
黒服
失礼します。
蓮様、出口に迎えが来ております。
Kawashiri Ren
Kawashiri Ren
あ、本当に?
じゃあ、俺はこれで失礼するね。
Me
Me
じゃあ、外までお見送りを…
Kawashiri Ren
Kawashiri Ren
いーの!いーの!
あとは瑠姫と楽しんで?
また遊びに来るから!


「ばいばーい」とヒラヒラ手を振って、蓮さんは部屋を後にした。



(…瑠姫さんは行かなくて大丈夫なのかな?)



2人で来たのに、この後仕事とかないのかな。



Shiroiwa Ruki
Shiroiwa Ruki
ねね、あなたさん。