無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

👠

お店が開店して、1時間。








いつも通り、お店も賑わっており、有難いことに私も指名が沢山入っていた。








新規のお客様とお話していると、黒服がやってきた。








黒服
黒服
あなたさん、5番テーブルからご指名です。
Me
Me
わかった。…どなた?((ボソッ
黒服
黒服
豆原様と河野様です。((ボソッ




久しぶりに2人の名前聞いた気がする。







豆原さんと河野さんとは、

東京でNo.1のホストクラブ【Infinity】のNo.1とNo.2ホストだ。







豆原さんは、私がキャバ嬢になってすぐに来てくれたお客様で、今もお世話になっている古株。

河野さんは、最近豆原さんとよく来て下さるようになった方。







Me
Me
失礼します。あなたです。
Mamehara Issei
Mamehara Issei
あなた!久しぶりだね〜
Kouno Junki
Kouno Junki
お〜!あなたさんや!
Me
Me
豆原さん、河野さん、お久しぶりです!


お二人とも、とてもフレンドリーな方で、仕事とかプライベートの事でよく相談に乗ってもらっていた。



Mamehara Issei
Mamehara Issei
あ、また豆原さんだ😤




「豆ちゃんて呼んでって言ったのに〜!」と、膨れた顔をする豆原さん。




…子犬か、この方は。





Me
Me
仕事中なので、笑
Mamehara Issei
Mamehara Issei
俺が良いって言ってるからいいの!
Me
Me
…じゃあ遠慮なく笑
Kouno Junki
Kouno Junki
豆は、あなたさんには甘えるんやね〜笑
Mamehara Issei
Mamehara Issei
純喜くんうるさいです。
Kouno Junki
Kouno Junki
豆〜😭
Me
Me
純喜さん、ドンマイです笑



この2人がお店来ても、プライベートで遊ぶのと全然変わらないから、居心地がいい。