無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

👠
黒服
黒服
失礼します。
この2人が当店のNo.1のあなた、
No.2のゆいかです。


黒服は扉をノックをし、入った途端に片膝をついて私たちを紹介した。





Me
Me
はじめまして、あなたです。
Yuika
Yuika
ゆいかです、よろしくお願いします。





2人で横並びになり、一礼して、頭を上げた。







目の前には、銀髪でセンター分けをしているキリッとした目をしていて韓国系の細身の男性。

隣には、金髪に近い茶髪で短髪、目はくっきり二重で、まるで絵本から飛び出てきた王子様のような容姿の男性。




Kawashiri Ren
Kawashiri Ren
はじめまして、あなたちゃんとゆいかちゃん。
僕はSTARGAZERで働いてる川尻蓮です。
よろしくね、2人とも。
Shiroiwa Ruki
Shiroiwa Ruki
同じく、STARGAZERの白岩瑠姫です。
よろしくね。


2人とも見た目とはお互い違う印象。






蓮さんは見た目とは違い、可愛らしい声と雰囲気。






瑠姫さんは明るくて爽やかなイメージだけど、話してみたら思ったより落ち着いてて、人見知り?な感じがした。





Me
Me
瑠姫さん、隣いいですか?
Yuika
Yuika
蓮さん、隣失礼します!





私たちは2人の両脇に座り、名刺を渡した。






グラスが空いていたので、お酒を作り、目の前に出した。






Me
Me
瑠姫さんってもしかして人見知りですか?
Shiroiwa Ruki
Shiroiwa Ruki
えっ、よくわかったね。
こんな見た目だけど実はね…笑
Me
Me
やっぱり。
私、人間観察割と得意なので笑
Shiroiwa Ruki
Shiroiwa Ruki
ははっ笑 さすがこの店のNo.1だ。
見ての通り、蓮くんは見た目とのギャップが売り出し、コミュニケーション力もある。
だからNo.1なんだろうね笑
Me
Me
みたいですね〜笑
ゆいかちゃんと話が弾んでますもんね。


チラッと隣を見ると、蓮さんとゆいかちゃんはとても話が弾んでるようだった。






ゆいかちゃんも人見知りするタイプではないので、お互いの波長が合っているんだろう。