無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

第36話
冨岡義勇
冨岡義勇
とりあえず、あなたは安静にしてろ
貴方
貴方
まさか……行く気?
貴方
貴方
ダメだよ…………
勝てないって
貴方
貴方
また……私のせいで
大切な人が死ぬのは嫌なの……
貴方
貴方
お願いだから……
行かないで……ポロポロ
冨岡義勇
冨岡義勇
あなた………
時透無一郎
時透無一郎
………分かった…
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あら?あなたさん、泣いてるんですか?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
それとも……泣かせました?(´ω`╬ )ゴゴゴゴゴゴォ
冨岡義勇
冨岡義勇
泣かせてない
貴方
貴方
しのぶさん……落ち着いてください…笑
時透無一郎
時透無一郎
あなたやっと笑ったね
貴方
貴方
え?
時透無一郎
時透無一郎
あなたは笑顔の方が
いいよ
冨岡義勇
冨岡義勇
あぁそうだな
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
私もあなたさんの笑顔
大好きです!
貴方
貴方
っ!ありがとう…😂
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
そう言えばあなたさん
任務どうでした?
貴方
貴方
ビクッ
時透無一郎
時透無一郎
そこには触れないであげて
冨岡義勇
冨岡義勇
後で説明する
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
わ、分かりました?
3人
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
んで何があったんです?
時透無一郎
時透無一郎
今回あなたが行った任務
上弦の鬼だったんだ
冨岡義勇
冨岡義勇
それで…前にあなたが話してた
あなたのお父さんが
冨岡義勇
冨岡義勇
上弦の中で最強になったらしい
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
え?
時透無一郎
時透無一郎
いくら強いあなたでも
自分の親でもあるから本気出せないし
手も足も出なかったらしい
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
そんなにですか……
だったら私達で!
時透無一郎
時透無一郎
それも辞めてあげて
冨岡義勇
冨岡義勇
自分のせいで
大切な人を失いたくないって
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
………………
時透無一郎
時透無一郎
今出来ることは
あなたの心の支えに
なる事だよ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
そうですね……
冨岡義勇
冨岡義勇
早く…いつもの調子に戻るといいんだが