無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

第35話
ガラガラ
貴方
貴方
みんなただいま〜〜〜〜〜!
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あなたちゃん!?
伊黒小芭内
伊黒小芭内
機能回復訓練はどうした
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
それが……かくかくしかじか
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
あなたちゃん…超人ね
貴方
貴方
???
不死川実弥
不死川実弥
(無自覚って怖)
貴方
貴方
ねぇ義勇さんいる?
時透無一郎
時透無一郎
ぼっちなら部屋にいるんじゃない?
貴方
貴方
OK!ヒューン =͟͟͞͞ (    ˙꒳​˙)
宇髄天元
宇髄天元
派手に速いな
ダダダダダダダ
冨岡義勇
冨岡義勇
地震か?
スッパ-ン
冨岡義勇
冨岡義勇
ビクッ
貴方
貴方
義勇さんーーーーーー!
ガバッ
冨岡義勇
冨岡義勇
うわっ!?
貴方
貴方
ただいまーーーー!
冨岡義勇
冨岡義勇
おま、訓練は!?
貴方
貴方
ん〜?かくかくしかじか〜
冨岡義勇
冨岡義勇
超人………
貴方
貴方
貴方
貴方
ねぇねぇ、これから義勇さん
じゃなくて義勇って呼んでいい!?
冨岡義勇
冨岡義勇
勝手にしろ
貴方
貴方
わーい!義勇義勇義勇義勇!
冨岡義勇
冨岡義勇
………連呼はやめろ///
時透無一郎
時透無一郎
ねぇイチャイチャしないでー?
うるさいよ
時透無一郎
時透無一郎
何?付き合ってんの?
貴方
貴方
ピクッ
冨岡義勇
冨岡義勇
ピシッ
時透無一郎
時透無一郎
え……………?
図星?
貴方
貴方
(。_。`)コク
時透無一郎
時透無一郎
……お幸せにー
貴方
貴方
えぇ拗ねないでぇー
時透無一郎
時透無一郎
拗ねてないもん
時透無一郎
時透無一郎
(ぼっちにあなた取られた……)
時透無一郎
時透無一郎
(。・ˇ_ˇ・。)ムゥ…
貴方
貴方
あー、よしよし!
拗ねないで頼むから
時透無一郎
時透無一郎
( *¯ ꒳¯*)
貴方
貴方
(可愛い)
烏「カァ!カァ!ニンムダ!ニンムダ!
ホクセイヘムカエ!」
貴方
貴方
北西?
貴方
貴方
了解
貴方
貴方
行ってくるねー
烏「オニハジョウゲンノオニ!」
貴方
貴方
ピクッ
冨岡義勇
冨岡義勇
あなた?
時透無一郎
時透無一郎
上弦………あなた1人で大丈夫?
貴方
貴方
だ、大丈夫……危険になったら
みんなを呼ぶよ
シュッ =͟͟͞͞ ( ˙꒳​˙)
北西
貴方
貴方
この辺りかなぁ
ガサガサ
貴方
貴方
!!
女性
女性
きゃーーー!
貴方
貴方
!?
タタタッ
貴方
貴方
大丈夫!?
き、鬼殺隊……!
女性
女性
あ、あっちに……上弦の鬼が……いるわ
女性
女性
あなたは……逃げて……
貴方
貴方
私は柱!逃げない!
女性
女性
は、柱!?と、とんだご無礼を!
貴方
貴方
いいのいいの
貴方
貴方
あっちにいるのね?
貴方
貴方
私が必ず倒す!
あなたは逃げて!
女性
女性
は、はい!
タッタッタッ
ぐぉぉぉぉお
貴方
貴方
(鬼の気配が強くなった…!
この感じ…数百人……いや、それ以上……)
貴方
貴方
っ!
貴方
貴方
烏………お前はこれをみたのか……?
烏「カァ!カァ!コイツガニンムタイショウダ!」
貴方
貴方
そん………な…………
貴方
貴方
“お父さん”
お父さん
お父さん
あ?
お父さん
お父さん
ははっこれはこれは
あなたじゃないか
貴方
貴方
チャキ
お父さん
お父さん
おいおい、実の父親を斬るのか?
貴方
貴方
っ本当は斬りたくない……
でもお父さんは鬼だから!
貴方
貴方
倒さなきゃいけないの!
お父さん
お父さん
そうかそうか
じゃあ俺の首を斬ってみろ
斬れないと思うがな
貴方
貴方
星の呼吸 弐ノ型 流星群
お父さん
お父さん
はははっ!
弱い弱い!
お父さん
お父さん
あの頃よりはまだマシになったが…
まだまだだなぁ!
バキッ
貴方
貴方
きゃ!?
ドカッ
貴方
貴方
がっ!?
お父さん
お父さん
所詮お前は俺に勝てないんだよ!
貴方
貴方
(強すぎる………どれだけ鬼舞辻無惨から
血を分けてもらったんただ……」
貴方
貴方
(このままじゃ……みんなが来ても
勝てっこない……)
貴方
貴方
くっ!
星の呼吸 陸ノ型 星煙幕
ドォォォォォオン
お父さん
お父さん
っ!
貴方
貴方
(今のうちに……)
もくもくもくもくもく
お父さん
お父さん
っち、逃げられた……
貴方
貴方
はぁはぁ!
貴方
貴方
っはぁ!
ドサッ
貴方
貴方
ぐっ!
貴方
貴方
うぅ……ポロポロ
貴方
貴方
お父さん……ポロポロ
数時間後
時透無一郎
時透無一郎
あなた遅いなー
冨岡義勇
冨岡義勇
そうだな
ガラッ
ドサッ
冨岡義勇
冨岡義勇
時透無一郎
時透無一郎
なんか倒れる音したよ?
冨岡義勇
冨岡義勇
行ってみよう
時透無一郎
時透無一郎
うん
タタタッ
貴方
貴方
はぁ……はぁ……ゲホッ
冨岡義勇
冨岡義勇
あなた!
時透無一郎
時透無一郎
あなた!?
貴方
貴方
あっ…………ぎゆ……
むいちろ…………ポロポロ
冨岡義勇
冨岡義勇
なぜ泣いてるかは
後で聞くとして
時透無一郎
時透無一郎
まずは手当だね
数十分後
貴方
貴方
あ、ありがとう……
時透無一郎
時透無一郎
なんで泣いてたの?
貴方
貴方
それは………戦った上弦の鬼は
貴方
貴方
お父さんだったから…………
冨岡義勇
冨岡義勇
え?
時透無一郎
時透無一郎
あなたのお父さん…?
貴方
貴方
前にも言ったけど
お父さんは鬼にやられ鬼になった
貴方
貴方
あの時…一度帰った時は
まだ普通の鬼で今の実力なら
勝てるくらいだった
貴方
貴方
だけど……上弦になってて…
全く刃が立たなかった
冨岡義勇
冨岡義勇
だったらなぜ俺らを呼ばなかった
貴方
貴方
呼んだところで
勝てないから………
貴方
貴方
鬼舞辻から血を貰いすぎてる……
貴方
貴方
多分お父さんは
上弦の中で1番強いかもしれない
時透無一郎
時透無一郎
そうなんだ………