無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

桜咲海龍
翌日
機械の声
機械の声
ピーポン
(なまえ)
あなた
あっきた。
(なまえ)
あなた
だーれーか料理中だからでてー
ななもり。
ななもり。
えっ!
わかった出る出る出る
ガチャ
桜咲海龍
桜咲海龍
白猫ー。お届け物でーす
桜咲 颯
桜咲 颯
白猫ーいますか?
ななもり。
ななもり。
ああ。料理中だってよ。
ドタバタバタバタ
(なまえ)
あなた
久しぶり海龍、颯
桜咲海龍
桜咲海龍
白猫の飯が食べたい。
(なまえ)
あなた
はぁいいよ。ほれ、弁当。
桜咲 颯
桜咲 颯
え?いいんですか?
(なまえ)
あなた
どうせ言うと思って朝一でタッパー買ってきた私に感謝してね。
(なまえ)
あなた
どうせ、今日部活かなにかあるんでしょ?
桜咲海龍
桜咲海龍
はは。バレたか。
(なまえ)
あなた
練習するなら文句は言わないけどね。
桜咲 颯
桜咲 颯
白猫も甘いですね。
(なまえ)
あなた
海龍のお目付け役は颯でしょ?
桜咲 颯
桜咲 颯
そうですね
桜咲海龍
桜咲海龍
なんで弟に見守られなきゃいけねぇんだよ。
(なまえ)
あなた
前科がありすぎるから
桜咲海龍
桜咲海龍
(・Д・)ノチッ
桜咲海龍
桜咲海龍
いいや荷物運ぶぞ。
(なまえ)
あなた
了解。
(なまえ)
あなた
比較的、軽いの頂戴
桜咲海龍
桜咲海龍
ほら、白猫。
ほれ布団これなら軽いだろ。
(なまえ)
あなた
ええ、そうね。
ななもり。
ななもり。
じゃあ俺も適当に。
桜咲 颯
桜咲 颯
あとこれ貴重品。
布団の上に乗っけますね。
(なまえ)
あなた
これで仕事が出来る。
桜咲海龍
桜咲海龍
はぁこれだからワーカホリックは。
(´・Д・`)
(なまえ)
あなた
海龍。
仕事できなくなっても知らないよ。
私達演奏者は作曲家が居るから成り立つの。
(なまえ)
あなた
だから大切にしなさい。
桜咲海龍
桜咲海龍
へーへ。
桜咲 颯
桜咲 颯
ふふ。
どっちが年上か分かりませんね。
(なまえ)
あなた
煩いなぁ大学生
ななもり。
ななもり。
え?大学生!
(なまえ)
あなた
はぁ、とりあえず中に運びましょ。
桜咲海龍
桜咲海龍
そうだな。
ほらこれ掛け布団と制服な。
(なまえ)
あなた
ハイハイ。
すとぷり
俺達も手伝います。
(ななもり。以外)
桜咲海龍
桜咲海龍
おうなら。これ運んでくれ。
莉犬
莉犬
なにこれ?
桜咲海龍
桜咲海龍
ベッド台の解体したやつ。
白猫は材料と道具さえあればどうにでもなるだろ?
(なまえ)
あなた
道具なきゃ作れません
桜咲海龍
桜咲海龍
ほれ道具。
(なまえ)
あなた
これ案外重い。
桜咲 颯
桜咲 颯
キーボード担いでる僕ほどじゃない。
桜咲海龍
桜咲海龍
そんなこと言ったら椅子の解体してあるやつ運んでるんだからな。
すとぷり
((仲良いなぁ
桜咲海龍
桜咲海龍
もう持てそうなのないからパソコン持って行って家具組み立て始めろ。
(なまえ)
あなた
ラジャ(・ω・)ゞ
あなたは道具と材料を持って部屋へ行ってしまった。
桜咲海龍
桜咲海龍
そういえばなんで俺達が荷物を持っている事に疑問を抱かないんだ?
ななもり。
ななもり。
そのことについて少し聞いたよ。
桜咲海龍
桜咲海龍
ふーんあいつはなんて?
るぅと
るぅと
何やらかすかわかったもんじゃないからって言ってました。
桜咲 颯
桜咲 颯
なるほど。
桜咲海龍
桜咲海龍
まっ悪い奴じゃないってことを知りたかったんだ。
桜咲 颯
桜咲 颯
ええ。
白猫は親で苦労してきましたから幸せそうで何よりです。
(なまえ)
あなた
ねぇねぇパソコン来たし少し、仕事の話していい?
桜咲兄弟
はい!
(なまえ)
あなた
この前話した、楽曲の事なんだけど、楽譜できたからあげる。
桜咲兄弟
やったー。
桜咲海龍
桜咲海龍
パソコンで打ったやつはどんな感じ?
(なまえ)
あなた
ほれ。
パソコンにヘッドホンを2本さし、2人に貸す。
5分後
桜咲 颯
桜咲 颯
いいんじゃないですか?
桜咲海龍
桜咲海龍
ああ。
6月ジュンブライドに、あった曲だな。
(なまえ)
あなた
で、ハロウィン楽曲はこれね。
6分後
桜咲海龍
桜咲海龍
にしてもこれ、あの音楽担当のだろ。
よくこんなに早くできたな。
(なまえ)
あなた
ああ。
これ、2回目で通ったから。
桜咲 颯
桜咲 颯
珍しっ!
桜咲海龍
桜咲海龍
あの音楽の人、めんどくさいって言ってなかったか?
(なまえ)
あなた
そうそう。
なんか違うって、具体的に説明もせずにダメ出しするからね。
桜咲兄弟
ああ〜なるほど。
(なまえ)
あなた
多分私が仕事受けてくれるから着てるだけでほかは受けてくれないんだろうね。
誰でもそれじゃ断られるし、私にも断る権利はあるからね。ってとりあえずやんわり忠告しといたよ。
桜咲 颯
桜咲 颯
ああ。まぁそうでしょうね。
るぅと
るぅと
ちなみに次来たらどうするんですか?
(なまえ)
あなた
断る。
(なまえ)
あなた
今すごく忙しいからそんな、どうすればいいとかそんな具体例を出せないやつは断る。
るぅと
るぅと
な、なるほど。
桜咲海龍
桜咲海龍
で?家具は?できたのか?
(なまえ)
あなた
あとはベッドだけだね。
ジェル
ジェル
で、買い物するものは?
(なまえ)
あなた
うーん。
食器とかかな。
(なまえ)
あなた
他の家具はAmaz○nで目星をつけてるから大丈夫。
桜咲海龍
桜咲海龍
ん。じゃあ、持ってこなかった本はそれが届くまでか?
(なまえ)
あなた
そうね。頼むわ。
桜咲 颯
桜咲 颯
わかりました。
それじゃあ、今度の音楽スタジオでの練習で
(なまえ)
あなた
ん。了解
ガチャ。
(なまえ)
あなた
そういえば、作った朝ごはん食べた?
ジェル
ジェル
ん?ああ。食べたで。
(なまえ)
あなた
なら良かった。
莉犬
莉犬
美味しかった。
(なまえ)
あなた
ふふ。ありがとう
ななもり。
ななもり。
うん。
ジェル
ジェル
じゃあ出る準備しようか。
(なまえ)
あなた
はーい
To be continued........