無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
98
2021/07/01

第5話

強いぞ花嫁(仮)
あなた

神様ー!
ご飯食べましょー!

神様
神様
また来たのか
あなたが山にやって来て5日目。

彼女は逃げ出すこともせず
それどころか1日目の夕方には
神の住みかである洞窟を見つけ
それからは足繁く通っている。

あなたはいらないと言っているのに
神の分の飯まで持ってきては
一緒に食べようと言う。

魚に獣に木の実・・・。
毎日色々と持ってくる。

神は人間とは違う体のつくりをしているため
食べなくても生きていけるのだが
断っても持ってくるし、
だからといってそのまま置いておけば
腐ってしまうし(その時は燃やせばいいが)、
何より
「神様、好き嫌い多いんですね。
あ、それとも食べられないんですか?」と
笑って言ったあなたにカチンときたのだ。
人間のあなたにできて
自分にはできないと言われたみたいで
癪にさわった。

━━儂が我が儘な餓鬼のようではないか!
ただ食おうとしないだけで、
儂だって食おうと思えば食えるわ・・・!

その時我慢して無視を決め込めばよかったのに
と今となっては思う。

持ってきた食べ物を全て平らげた神に
あなたは喜んだ。

不思議と悪くなかった。

食べ物が旨かったからなのか
あなたが隣にいることも。
あなた

見てください!
今日は狸ですよ!

白無垢から地味な着物に着替えたあなたの
片手にはよく肥えた狸が握られている。
神様
神様
貴様・・・、
逞しいな・・・
自分が思っていたよりあなたという
人間は強くて神は苦笑した。