無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

3話
天の声(作者)
天の声(作者)
更新遅れて大変申し訳ありませんでした!!!!
本当、すいません……
天の声(作者)
天の声(作者)
それでは…続きどうぞ





 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
大宰治
大宰治
ふふ、懐かしいねぇ
大宰のグラスがカランとなる
あなた

何がだい?大宰君

大宰治
大宰治
いや、君が入ってきたころのことを思い出していたんだよ
あなた

あーね、あの頃私はもう少しハイテンションだった

大宰治
大宰治
うん。あなたは前のが可愛かったよ
あなた

私は今でも可愛いぞー

大宰治
大宰治
そうかい?
あなた

失礼な奴だね

大宰治
大宰治
今日は織田作も安吾も来ないようだね
あなた

話そらさないでよ~
まァ、そうだね。来なそうだ

大宰治
大宰治
じゃあ二人で乾杯してしまうかい?
あなた

ん。そうしよう

大宰治
大宰治
二人の何気ない日常に
大宰&貴女
乾杯
カラン