無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

豪邸の主_息子の宿命
私
これは…
早川 友美
早川 友美
黒須…まじで王子だったのか…
目の前には豪邸が広がっていた
倉持 ケイ
倉持 ケイ
ま、入れよ
早川 友美
早川 友美
あんた達、
いつからそんな仲良いの…?
倉持 ケイ
倉持 ケイ
こいつとは
幼稚園から一緒
早川 友美
早川 友美
は?まじ??
黒須 洸
黒須 洸
うん…
早川 友美
早川 友美
今まで絡んでるとこ
見たことなかったわ…
倉持 ケイ
倉持 ケイ
あ、あー…
倉持 ケイ
倉持 ケイ
最近まで喧嘩しててさ
倉持 ケイ
倉持 ケイ
な?
黒須 洸
黒須 洸
あ、あぁ…
(こいつ相変わらず口達者だな)
早川 友美
早川 友美
へえ!そうなんだ
倉持 ケイ
倉持 ケイ
(単純でよかった…)
玄関に入るとエプロン姿の
にこやかな年配の女性が立っていた
年配の女性
お帰りなさいませ
黒須 洸
黒須 洸
ただいま
早川 友美
早川 友美
く、くろす…!
こ、この方は!?
黒須 洸
黒須 洸
家政婦のミタニ
早川 友美
早川 友美
やばい、私現実が受け入れられない…
家政婦さんがいる家…王子…?
こいつはただのタラシ…じゃなくなったから…顔がいいだけの男…何者…王子…?
友美は、ブツブツと呪文のように何か言っていた
家政婦のミタニ
皆さまどうぞこちらへ
早川 友美
早川 友美
お邪魔します!
私
お、お邪魔します…!
長い廊下を進み、階段を登り

アンティーク調の家具で統一された
広い部屋に案内された
早川 友美
早川 友美
なんじゃこりゃ
私
す、すごいねぇ…
家政婦のミタニ
今、お茶をお持ちいたします
シャンデリアの下の
長テーブルの椅子に座ったが、
みんななんだか落ち着かない…
早川 友美
早川 友美
なんか、ざわつくんですけど…
倉持 ケイ
倉持 ケイ
あー、じゃ黒須の部屋にする?
早川 友美
早川 友美
え?いいの?
黒須 洸
黒須 洸
別にいいけど…
早川 友美
早川 友美
いく!
黒須 洸
黒須 洸
ミタニ!
ごめん、部屋に持ってきて…
同じ階の角の部屋、大きな出窓が印象的な

クラシカルなヨーロピアンスタイル

先程の部屋と変わらなく落ち着かない…
早川 友美
早川 友美
ま、まあ…
さっきよりは…?
倉持 ケイ
倉持 ケイ
さ、何する?
黒須 洸
黒須 洸
は?宿題やるんじゃなかったのかよ
倉持 ケイ
倉持 ケイ
あ?写すに決まってるだろ
倉持は、手でくれくれと合図する
黒須 洸
黒須 洸
はぁ…
倉持 ケイ
倉持 ケイ
さあ!ささっと終わらせて遊ぼうぜ
早川 友美
早川 友美
おーし!
早川 友美
早川 友美
私、この家探検したい
倉持 ケイ
倉持 ケイ
いいぜ、案内してやるよ
私
え、いいのかな…?
黒須 洸
黒須 洸
いいけど…宿題は自分でやれよな…
みんな勢いよく黒須のノートを書き写していくが、
量が多くなかなか終わらない
早川 友美
早川 友美
あぁあああ、あのメガネ!!!!
なんて量なのよ!
友美は髪の毛をくしゃくしゃして
後ろにのけぞって倒れた

ふわふわの毛足の長い絨毯じゅうたんが敷かれているが、
ゴツンと鈍い音がした
早川 友美
早川 友美
いっ痛っつつつ!!
私
友美!大丈夫!?
早川 友美
早川 友美
うぅ…頭打ったぁあああ
倉持 ケイ
倉持 ケイ
お前ホント落ち着かないな
早川 友美
早川 友美
寝る…
友美はそういうと即寝落ちした
黒須 洸
黒須 洸
えぇぇえ
あまり表情を顔に出さない黒須くんも
これにはびっくりしていた
私
ふふ、
友美って集中するとすぐ眠くなるの
倉持 ケイ
倉持 ケイ
よく男子の部屋で寝るなこいつ…
私
安心してんだよ
案外可愛らしい寝顔である



コンコンッ



年配の女性
ケイさま、少しよろしいでしょうか…
私
ケイさま?
倉持 ケイ
倉持 ケイ
俺、ケイだよ?
もしかして知らなかったの?
私
あぁ…
倉持 ケイ
倉持 ケイ
なんだよ〜
ともだちなのに
クラモッチーこと、倉持ケイくんは、
そう言いながらドアを開けて部屋を出て行った


私と黒須くんの間には友美がいるものの…


なんだか気まずい空気が流れた
黒須 洸
黒須 洸
ご、ごめんな…
倉持のやつ何考えてんだか…
私
う、ううん…
先に口を開いたのは黒須くんだった
私
楽しいよ…!
黒須 洸
黒須 洸
よかった…
そういうと黒須くんは微笑んだ

彼の優しい笑顔をみるとなんだかほっとする…
黒須 洸
黒須 洸
実はさ…
私
…?
黒須 洸
黒須 洸
倉持以外のやつが家に来るのなんて
小学生の時以来なんだ
私
よ、よかったのかな…?
黒須 洸
黒須 洸
もちろん…
私
ふふ
黒須 洸
黒須 洸
よかった…
俺さ…
黒須くんが何か言いかけた瞬間、
コンコンとノックがした

ガチャっと部屋のドアが開き、
倉持が顔をのぞかせた
倉持 ケイ
倉持 ケイ
コウさま…
ちょっと…
黒須 洸
黒須 洸
コウ…?
私
コウさま…?
??
??
洸…お前何を考えてる
高級なスーツを着た男性
黒須 洸
黒須 洸
お、親父…
私
(黒須くんの…お父さん?)