無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

スポーツ大会_体育倉庫でドッキドキ?
あっという間にスポーツ大会の日

色々あって、運動音痴のタイガから
ハズレくじを任されてしまった黒須 洸。

女子の欠席者は0人。

男子は珍しく優勝を目標に情熱を燃やしていた

クラスメイト男
クラスメイト男
うぉおおおおお!!!!
(全女子奪還!!!)
先輩男子
先輩男子
うぉおおおお!!!
(打倒!黒須!!!!)
私
なんだかみんなすごい熱だね…
早川 友美
早川 友美
なんか私も燃えてきたー!
私
私も頑張ろっと!
只今より、2A対3Bのバスケ1回戦を行います
早川 友美
早川 友美
お、いよいよだね!
クラスメイト女
クラスメイト女
きゃー!!!
王子頑張ってー!!!
クラスの女子だけでなく、大勢の女子達が集まって、キャッキャと騒いでいる
早川 友美
早川 友美
いつからアイツは王子になったんだ
私
王子…?
早川 友美
早川 友美
あなたも、うかうかしてられないね〜
私
え?
バスケコートで、倉持がいつものごとく黒須の肩を組んで絡んでいる
倉持 ケイ
倉持 ケイ
よお!モテモテだな
黒須 洸
黒須 洸
は?
倉持 ケイ
倉持 ケイ
お前、ホント鈍感だな
倉持 ケイ
倉持 ケイ
いいとこ見せろよ
黒須 洸
黒須 洸
は!?
倉持の、視線の先にはあなたがいた
倉持 ケイ
倉持 ケイ
ほら、見てくれてる
倉持はあなたに向かって手を振った
黒須 洸
黒須 洸
何だよそれ
試合が始まり、あっという間に勝負がついた




先輩男子
先輩男子
何だよ、あいつ…
先輩男子
先輩男子
俺らバスケ部だぞ…
クラスメイト男
クラスメイト男
くっそ、爽やかだな
クラスメイト男
クラスメイト男
汗一つかいてねぇえ
クラスメイト女
クラスメイト女
きゃー!!!!王子!!
クラスメイト男
クラスメイト男
完敗だ…
王子には勝てん…
バスケコートを囲む女子たちが
飛び跳ねながら叫んでいる
早川 友美
早川 友美
圧勝かよ…
試合後、倉持がすごい勢いで
黒須を引っ張りながら走ってきた
倉持 ケイ
倉持 ケイ
おい!!!聞いてくれよ
倉持は笑いすぎて、
これ以上息が吸えなくなっている
早川 友美
早川 友美
おめでと
私
さすがだったね
倉持を無視して会話が進む
倉持 ケイ
倉持 ケイ
聞いてくれ
早川 友美
早川 友美
なによ?
倉持 ケイ
倉持 ケイ
こいつ…
倉持は黒須を親指で指し示す
私
倉持 ケイ
倉持 ケイ
ルールも知らずに試合出たったらしい
早川 友美
早川 友美
は?
倉持 ケイ
倉持 ケイ
やべ!やばすぎ、
黒須 洸
黒須 洸
知らねえもんは、仕方ねぇだろ
倉持 ケイ
倉持 ケイ
それであんだけ点入れるとか…
倉持 ケイ
倉持 ケイ
お前、やばすぎ、
早川 友美
早川 友美
ぶはははは
私
ふふ
黒須 洸
黒須 洸
笑うなよ



今日のスポーツ大会で分かったこと

どうやら黒須くんは、


スポーツのルールを知らない


ということ


なのに




点を入れまくり




クラスのやる気に拍車はくしゃがかかり

2Aは史上初の全勝を記録、



優勝クラスとなった。
私
いいのかな…
私
あれじゃ、個人プレーなんじゃ…












遠くから
クラスメイト女
クラスメイト女
何よあいつ、私の王子だっつーの



放課後____


あなたさん?
私、これから委員会に行かなきゃいけないの

だからこれ、体育倉庫に返しておいてくれないかな?

私
うん、いいよ
私は、クラスメイトにそう言われて
体育倉庫にゼッケンを返しに行った







体育倉庫にゼッケンを置き、
倉庫から出ようとしたとき





体育館の中央には、
黒須 洸と先程のクラスメイトがいた




私は咄嗟とっさに陰に隠れた
クラスメイト女
クラスメイト女
黒須くん…あのね…
黒須 洸
黒須 洸
クラスメイト女
クラスメイト女
私…
どうしても諦められないの!!



体育館に女生徒の声が響いた


黒須 洸
黒須 洸
ごめん…
黒須 洸
黒須 洸
何度も言うけど…
黒須 洸
黒須 洸
君とは…



その言葉を聞く前に


女生徒の目から大量の涙が溢れてきた



クラスメイト女
クラスメイト女
なんでぇ…ヒクッ…!
クラスメイト女
クラスメイト女
他に…好きな子でもいるの…ヒクッ
黒須 洸
黒須 洸
いや…
クラスメイト女
クラスメイト女
いないんじゃん…ッ!!!
だったらいいじゃん…


女生徒は、勢いよく黒須に抱きついた
黒須 洸
黒須 洸
ぐっ
クラスメイト女
クラスメイト女
なんで、なんで私じゃダメなの…
黒須 洸
黒須 洸
悪りぃ…
黒須 洸
黒須 洸
離して…
クラスメイト女
クラスメイト女
やだ!!!
黒須 洸
黒須 洸
クラスメイト女
クラスメイト女
1分だけ…


女生徒はぎゅーと黒須に抱きついて離れなかった

クラスメイト女
クラスメイト女
黒須くんって…ヒクッ
クラスメイト女
クラスメイト女
かっこいい体…してるよね…
黒須 洸
黒須 洸
クラスメイト女
クラスメイト女
今日もすごい…
かっこよかったよ…


黒須は何も言わずにただじっと、
彼女の話を聞いている

私
(黒須くん…
ああいう子がタイプなのか)



あなた、それは違うよ…(筆者)


黒須 洸
黒須 洸
ほら…1分経ったよ
クラスメイト女
クラスメイト女
付き合って…
黒須 洸
黒須 洸
ごめん…
クラスメイト女
クラスメイト女
やだ…
黒須 洸
黒須 洸
俺…ほ…
クラスメイト女
クラスメイト女
付き合ってくれないなら…!!

女生徒はポケットからカッターを取り出す
カッターを持った右手は、小刻みに震えている
黒須 洸
黒須 洸
(またか…)
クラスメイト女
クラスメイト女
死ぬからね…!
黒須 洸
黒須 洸
お願い、待って…!
黒須 洸
黒須 洸
ちゃんと…話聞くから…




黒須は、何かを諦めたかのように


女生徒に近寄ってそっと抱き寄せると



優しく頭を撫でた




女生徒がカッターを下ろすと同時に、
すかさず自分のポケットにしまった




私
前に、友美が言ってたな…
私
黒須くんの…バカ…
私は、突然全身の力が抜けたような気がした



身体の真ん中が痛くて
締め付けられるようだった


その日は


2人が出ていくまで
私はずっと倉庫の陰で

しゃがみこんでいた