無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

宿題_彼の家に行くことになりました
倉持 ケイ
倉持 ケイ
よ、お二人さん
早川 友美
早川 友美
クラモッチー、
例の宿題もうやった?
倉持 ケイ
倉持 ケイ
全然…!
早川 友美
早川 友美
私も、あなたもまだなんだよね
倉持 ケイ
倉持 ケイ
あ、じゃさ
倉持 ケイ
倉持 ケイ
黒須ん家でやらない?
早川 友美
早川 友美
え?いいの??
私
黒須くんの家で…?
倉持 ケイ
倉持 ケイ
って…あれ?
王子は?
倉持は、私の席の後ろを見る
早川 友美
早川 友美
あいつ、また女子に呼ばれてった
私
また…
倉持 ケイ
倉持 ケイ
どした?
あなたちゃん
私
う、ううん…
何でもないよ…!
倉持 ケイ
倉持 ケイ
最近、加速してんな…
早川 友美
早川 友美
スポーツ大会の後から
王子ファンクラブとかできたらしい
倉持 ケイ
倉持 ケイ
は?何だよそれ
早川 友美
早川 友美
あいつ、いままでは
あんま目立とうとしなかったのに…
早川 友美
早川 友美
何があったのかねぇ…?
友美は私の顔を
ニヤニヤした顔で覗き込んできた
私
え?
倉持 ケイ
倉持 ケイ
君も天然だね…
私
…?
後ろのドアから、黒須が入ってきた
倉持 ケイ
倉持 ケイ
よう、王子くん
黒須 洸
黒須 洸
何だよ…
黒須は、普段と変わらない様子だが、
少しだけ疲れた顔をしている
倉持 ケイ
倉持 ケイ
大丈夫か?
黒須 洸
黒須 洸
…。
私は、黒須くんと一瞬目があった
私
…。
何もないはずなのに…

目をらしてしまった


気まずい…
黒須 洸
黒須 洸
(…俺…なんかしたか…?)
倉持 ケイ
倉持 ケイ
あ、そうだ
今日お前ん家行くから
黒須 洸
黒須 洸
は?今日って、おまえ…?
(毎日来てるだろ…)
倉持 ケイ
倉持 ケイ
みんなで
黒須 洸
黒須 洸
!?
黒須 洸
黒須 洸
みんなで…!?
倉持 ケイ
倉持 ケイ
例の宿題、量多いし
みんなでやった方が楽しいじゃん!
倉持 ケイ
倉持 ケイ
それに、お前頭いいし
黒須 洸
黒須 洸
は?
黒須 洸
黒須 洸
俺、もうやったんだけど…
早川 友美
早川 友美
え?まじ!?
黒須 洸
黒須 洸
うん
早川 友美
早川 友美
あんた、病気なんじゃないの
黒須 洸
黒須 洸
なんでだよ…!?
早川 友美
早川 友美
王子病
黒須 洸
黒須 洸
…(こいつ…)
昼休み終了のチャイムが鳴った

周りのクラスメイトも慌てて席につき始める
倉持 ケイ
倉持 ケイ
って、ことで放課後な!
黒須くんの家か…


どんなところなんだろう…

気まずい気持ちでいっぱいなのに、
少し緊張して…



放課後が、待ち遠しい自分がいた