無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

10
2021/05/16

第5話

「ぴちゃ、ちゅっちゅぷ」

下半身に生暖かさを感じ俺は目を覚ました

やけに気持ちがいい

だんだんと目が覚めてくる

その感覚の正体がわかりやばいと思った



遥輝が俺のモノを舐めていた
勇一
勇一
遥輝??!
お前何してっ
遥輝
遥輝
ふぁっ
ひゅういちやっとおきたぁ
勇一
勇一
おまっっ
そこで喋るなっ///
勇一
勇一
あっ
でるっっ
やばい

やばいやばいやばいやばい

やらかしてしまった

しかも口に出してしまった、、、
遥輝
遥輝
んぅ
みてみてゆーいち
勇一
勇一
え?
遥輝
遥輝
んへぇ
全部飲んじゃった♡♡
俺は我慢の限界だった
ドサッ


遥輝を押し倒して短パンを脱がせる

遥輝はずっとヘラヘラしている

ニコニコと笑う遥輝の口を塞ぐ
遥輝
遥輝
んぅ
んっはぁ
勇一
勇一
遥輝、口開けて
遥輝
遥輝
うんぅ?!
んぁあっ///
勇一
勇一
おしりなんでこんなに解れてんの?
遥輝
遥輝
んぅ//
もしかしたらと思ってぇ
お風呂で慣らしたからぁ///
勇一
勇一
ふーん
こうなると思ってたの?
えっちじゃん
勇一
勇一
っっ
入れるよっ
遥輝
遥輝
うんっ///
きてっ俺のなかはいってぇ////
遥輝
遥輝
あんっ
やぁぁっ
んっっ///
勇一
勇一
っっ
はやくするよ
遥輝
遥輝
あっやらっっ
はげしいぃ///
勇一
勇一
激しいの嫌い?
遥輝
遥輝
んぅっ
しゅきっはげしいのしゅきいぃっ♡♡
遥輝
遥輝
もっとしてぇ
んんっいっぱいちょーだいっ♡
勇一
勇一
はぁっ
出すよっっ
遥輝
遥輝
んっ
だしてっ中にいっぱいちょうらいっ////
勇一
勇一
んっ