無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

8
2021/05/16

第2話

交流
遥輝
遥輝
えっと、LINE交換して貰えませんか?
勇一
勇一
ああ、もちろん。よろしくね
遥輝
遥輝
はい!これからよろしくお願いします!
遥輝
遥輝
あ、あとタメ口で話してくれませんか?
勇一
勇一
もちろん!その代わりお互いタメ口だよ
俺だけタメ口なんて寂しいじゃん
遥輝
遥輝
うん!ありがとう!!


俺は帰ってすぐベッドにダイブした

今日の一連の流れを思い出し、もう一度驚く

少したって冷静になってから名前を聞いてないことに気づく

早速LINEで聞いてみようと思いアプリを開くと、1件の新着メッセージが目につく

『あの子』からだった



遥輝
遥輝
今日はありがとう!


俺は直ぐに返信した
勇一
勇一
こちらこそ!
そういえば名前聞いてなかったね、教えてくれる?


少し待っていると、既読がついた
遥輝
遥輝
そういえば言ってなかったね笑
本田遥輝だよ!!
勇一
勇一
ありがとう!
俺は堂本勇一だよ
勇一
勇一
改めてよろしくね!
遥輝
遥輝
うんよろしく!!


『本田遥輝』心の中で何度も繰り返した

勇一
勇一
本田遥輝、、、


口に出して言ってみた。

自分の中でじわじわと現実味が湧いてきた

本当に喋って、「友達」になったことを実感した


俺はこれだけで満足だった。