無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

だい。よんじゅうにわ
あなた

失礼します……

ぺけたん
ぺけたん
あ!あなたちゃん!
ンダホ
ンダホ
こっちこっち!
シルクロード
シルクロード
行くぞ?
あなた

はい、お願いします。

私はシルクにエスコートされソファーの上に座る。
あなた

ところで、遊びとは……?

ンダホ
ンダホ
実はね……。
ンダホ
ンダホ
外国のゲームなんだけど、目が見えない人でも遊べるゲームなんだって!
あなた

ほ、本当ですか?

ンダホ
ンダホ
うん!
モトキ
モトキ
結構有名なゲームで、面白そうでさ〜
マサイ
マサイ
だから、誘ったってわけ。
あなた

あ、マサイ!

マサイ
マサイ
よお、おはよう。
あなた

(挨拶してくれた…!)

シルクロード
シルクロード
あなたちゃん、やってみない?
あなた

やります!

ザカオ
ザカオ
お!元気いいね!
あなた

ゲームなんてやったことないんです!

ザカオ
ザカオ
嘘!?
あなた

早く!早くやりましょ!

シルクロード
シルクロード
は〜い。早くカード配るぞ〜!
ンダホ
ンダホ
了解シルク( ̄^ ̄)ゞ
カードを配る音が響き渡る。
あなた

えぇっと……私のは?

ダーマ
ダーマ
ん。
手をそっと握られ、カードを滑り込まれた。
あなた

あ、ありがとうございます!

ダーマ
ダーマ
別に。
モトキ
モトキ
なんでそんなにダーマ冷たいの?
ンダホ
ンダホ
ダーマがこのカードゲーム買ってきたくせに!
ダーマ
ダーマ
ちょ……//
あなた

え?そうなんですか…?

マサイ
マサイ
今日の朝いきなりこのカードゲーム持ってきて…。
ぺけたん
ぺけたん
「あなたとやりたい。お前ら誘ってきて。」だっけ?
ダーマ
ダーマ
ちょ……マジでお前ら……。
あなた

ダーマさん……。私のために?

ダーマ
ダーマ
………うん。
ダーマ
ダーマ
早く、あなたと仲良くなりたかったし。お前以外の奴らは仲よさそうで。
ダーマ
ダーマ
………気に食わなかったっていうか//
あなた

ダーマさん………。

あなた

ありがとうございます!すごく嬉しいです!

ダーマ
ダーマ
お、おう。
ンダホ
ンダホ
はーやーく!やろうよ!
シルクロード
シルクロード
そうだな。
ダーマ
ダーマ
あなた。点字は読めるよな?
あなた

はい!

ダーマ
ダーマ
いくぞ、ルールを教えるからな?
ダーマ
ダーマ
このカードには種類があって……。
あなた

はい。

私はこの後、ダーマさんのアシストを受けながら楽しくカードゲームができた。