無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

だい。にじゅうにわ
彼の私の手を引くスピードには逆らえるわけがなく、私はシェアハウスの中に入っていた。
エイジ
エイジ
ただいま。
彼がそう呟く。
エイジ
エイジ
あなたも言えよ。
あなた

え?

エイジ
エイジ
ここあなたの新しい家。あなたの帰る場所。ほら。言ってみ?
あなた

ただいま…。

新しい家だと言われても、家の雰囲気もわからないのに…。なんとも言えない気持ちになった。
すると、遠くからこちらに向かってドタドタと走る足音が響き渡ってきた。
エイジ
エイジ
あなた。
あなた

はい。

エイジ
エイジ
今から、うるせぇのが来るから。びっくりすんなよ。
あなた

は…はい…。

エイジ
エイジ
大丈夫。俺が守る。
とエイジが言った途端、
エイちゃ〜ん!!
若い男の人の声が響き渡ってきた。
エイジ
エイジ
うるせぇ。そら。帰ってきただけじゃん。
あなた

(そら…?)

そらと呼ばれた彼は喋り続ける。
だってぇ…。お腹空いてるんだってば!何時だと思ってんだよ!
エイジ
エイジ
遅くはねぇだろ。
遅いよ!みっくん泣いちゃう寸前だよ?
エイジ
エイジ
食べててよかったのに。
だって…。りょうくんとシルクがダメって言ったんだもん…。
すると、私の存在にやっと気づいたのか2人の会話が途切れた。
…少しの沈黙が流れる。なんか変な空気。
エイちゃん?
エイジ
エイジ
ん?
この子誰?知り合い……ってわけじゃなさそうじゃん。
エイジ
エイジ
まあな。初めて会った。
ナンパ?
エイジ
エイジ
お前と一緒にすんな。バカ。
エイジ
エイジ
……まあ、事情があってな。ここに済ませようと思ってる。こいつの名前はあなただ。
私は一応頭をぺこりと下げておく。
あなた

よろしくお願いします…。

エイジ
エイジ
…でまあ…見ての通り、目が見えないってことだ。
あなた

え?見ての通りって?エイジ?

エイジ
エイジ
今、靴箱に頭を下げているぞ。あなた。
あなた

ちょっと…//なんで早く言わないの///

私は急いで頭をあげる。
そっか…。俺の顔見えないんだ。こんなにイケメ…。
エイジ
エイジ
黙れ。そら。
ごめん!悪かったってば!
そらちぃ
そらちぃ
俺!そらちぃ!そらでもいいよ〜。よろしくね〜。あなた〜。
あなた

よろしくお願いします…。

そらちぃ
そらちぃ
てかさ。ずっと思ってたけど…。
そらちぃ
そらちぃ
あなた。
あなた

はい?

そらちぃ
そらちぃ
かわいすぎ。
ど直球のその言葉は私の胸を突き抜けて壊しそうな勢いだった。
あなた

そそそ…そんな///わけ///

そらちぃ
そらちぃ
あなたったら動揺しすぎじゃない?
エイジ
エイジ
そら。
そらちぃ
そらちぃ
すみません。反省します。
エイジ
エイジ
行くぞ。みんな待ってるからな。
そらちぃ
そらちぃ
俺の手に捕まりな!
あなた

…お言葉に甘えさせていただきます…。

そらちぃ
そらちぃ
はーい!
彼の手は大きくて暖かい…。エイジのような手だった。
あなた

ありがとう…。

あなた

そら…。

そらちぃ
そらちぃ
!?
そらちぃ
そらちぃ
…んまあ///これぐらい普通///だし///
3人はリビングの扉の奥へと進んでいった。