無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

だい。よんじゅうごわ
お前たち!あなたちゃんに謝れよ!
怒号が部屋中に響き渡る。その人物へと視線が一瞬で集まる。
あなた

モ、モトキ……

あなた以外の目には真っ赤っかに怒っているモトキの姿。
シルクロード
シルクロード
………モトキ。
そらちぃ
そらちぃ
……………
流石のあの2人まで言い合いをやめたみたい。
モトキ
モトキ
そらたちは周りのことを考えずに行動しすぎ。
モトキ
モトキ
あんな勢いでドアを開けてあの態度をとったら誰もがいい気分になるとは考えられないじゃん?
モトキ
モトキ
自分たちの行動を少し見直したほうがいいと思うな。
さっきの怒った雰囲気とは違い、優しい声だった。
モトキ
モトキ
シルクたちはみんなを気にして発言してくれた。
モトキ
モトキ
ありがとう。気にかけてくれて嫌な人なんていないけれど……。
モトキ
モトキ
怒り方が悪かったんじゃない?そらたちを刺激しちゃったんだ。
さっきまで言い合っていたみんなが一斉に黙り込む。
モトキ
モトキ
お互いには間違いだって欠点だってある。
モトキ
モトキ
…………それを認め合って仲直りしたらどうかな?
シルクロード
シルクロード
………うん。
シルクロード
シルクロード
モトキの言う通りだ。
シルクが静かに口を開ける。
シルクロード
シルクロード
アバだけじゃなくて、俺たちにも落ち度はあったんだ。
マサイ
マサイ
俺も言いすぎたし……。
あなた

シルクさん……。マサイ………。

そらちぃ
そらちぃ
あんなに勢いよく入ったらいい思いはしないよな。
そらちぃ
そらちぃ
………ごめん。
エイジ
エイジ
俺らなんか焦ってたんだな。嫌な思いをさせるなんて。
ツリメ
ツリメ
……ごめんなさい。
あなた

そら……エイジ……みっくん……。

シルクロード
シルクロード
俺らこそ言い方が悪かった。ごめん。
マサイ
マサイ
ごめんな……。
そらちぃ
そらちぃ
あなた。ごめんな。聞いてて辛かっただろ……
シルクロード
シルクロード
あなたちゃん。ごめんね。
あなた

大丈夫です!仲直りできるかがとても心配だったというか……。

良かったぁ……。一息つくことができる……。

































でも。疑問が一つ残っている。
あなた

どうしてアバのみんなはここへ?

シルクロード
シルクロード
確かに。
そらちぃ
そらちぃ
………え!?……え〜っと……。
声に出るほど動揺がすごい。
エイジ
エイジ
リーダー。言ってやれよ。
そらちぃ
そらちぃ
え?
ツリメ
ツリメ
言い出しっぺ!頑張れぇ!
そらちぃ
そらちぃ
嘘だろぉぉぉぉ!
あなた

そら。なんでなの?

そらちぃ
そらちぃ
………うぅ…。その……。
苦し紛れに途切れ途切れに聞こえてきた声。
そらちぃ
そらちぃ
あなた………と…遊び……たか……った。
ツリメ
ツリメ
ちゃんと!
そらちぃ
そらちぃ
あなたと遊びたかったの!!
そらの発言で一同が静まり返る。
ダーマ
ダーマ
………え?
ぺけたん
ぺけたん
そんなことだったの?
そらちぃ
そらちぃ
だって…。
そらちぃ
そらちぃ
フィッシャーズばっか………あなたと仲良くしてて……。
そらちぃ
そらちぃ
ずるいって………勝手に嫉妬してて………。
あなた

ずるい……?嫉妬………?

そらちぃ
そらちぃ
ごめんなさい!こんな子供みたいな言い分で!
そらが謝る。でも私は。
あなた

………私もみんなと遊びたかったんだ。

エイジ
エイジ
あなた……。
あなた

アバとも遊びたかった。

あなた

………みんなが良ければみんなでやろう!

ンダホ
ンダホ
全員オッケーだよね👌
モトキ
モトキ
オッケー👌
フィッシャーズは全員承諾してくれた。
そらちぃ
そらちぃ
………みんな……。ありがとう。
エイジ
エイジ
俺たちお邪魔しま〜す!
ツリメ
ツリメ
いいとこだけエイちゃん持って行ったなぁ!
こんなに騒いでいると
りょう
りょう
あれ?なんか楽しそうじゃん?
あなた

その声はりょう……?

りょう
りょう
正解!ゲームやってるの?
あなた

そうなの。りょうもやる?

りょう
りょう
あなたの言葉に甘えさせてもらおうかな。
フィッシャーズ、アバンティーズ、りょう、あなたで楽しくゲームを行いました。