無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

だい。じゅうよんわ
私の真実に気づいた影山はすぐにお医者様を呼んだ。
影山
影山
治るのでしょうか……?
医者
ううむ…。
お医者様は私の目にライトを当てながら診察をする。
医者
これは……。完全に見えなくなっていますな。
治すのはとても難しいことでしょう。
影山
影山
そんな……。
影山はガクンとうなだれる。
影山
影山
あの時…。無理にもご主人様に歯向かっていれば…!
こうならずに済んだはず…!
あなた

……もういいわ…。気にしないで。
あなたのせいじゃない。私の成績が下がったせいよ。影山。

影山
影山
ですが……それでは…。あなた様がおいたわしく思えてなりません…!
影山はいつも優しい。こうして、私の心配をしてくれる。
医者
治せないわけではありません。何か…そう…きっかけがあれば…。
治ることでしょう。ご心配なく。全力を尽くします。
影山
影山
お願いします!
……なんか変な感じ。
いつも見ていた風景が一瞬で見えなくなったのだから。
私の好きな色…。好きな家具…。全てが暗く閉ざされて見えない。



























勉強することもままならない。



















お姉ちゃん。




























私もダメかもしれない。




























これを知ったらどうなるのだろう。



























家から追い出されるのかな。



















じゃあ、
















































先に出て行こう。