無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

だい。ろくわ〜幼少期〜真実
このことを確信したのは、夜分遅いからベットに入ろうと寝室に移動してた時だった。
お父さん
お父さん
………!
作者!如月。
作者!如月。
作者通ります!
キャラたちの心の中( )です!失礼いたしましたぁ!続きをどうぞ!
あなた

(…?お父様の起こる声…?また会社で何かあったのかな…?)

あなたはドアにそっと耳をつけ、中の音をひっそりと聞く。











その内容は…
































あまりに酷かった。
お父さん
お父さん
光希ぃ……あの役立たずがぁ!!
お父様の声とともになにか…グラスが割れるような音がドアに響いてきた。
影山
影山
ご主人様。おやめください!
お父さん
お父さん
うるさい!影山ぁ!口を出すなぁ!
ゴブ)鈍い音が部屋中に響き渡った。
影山
影山
ぐはっ……
お父さん
お父さん
あの…光希ぃ……世話してやったのに…なんだ?あのバカな*もの*はぁ?
あなた

(バカって言った…お姉ちゃんのこと…)

影山
影山
ものではありません。ご主人様。気品があり…誰……にも好かれている素敵…な…お嬢様では…ありませんか……。
頰を殴られたのか、うまく喋ることができない影山。
お父さん
お父さん
うるせぇ!黙れ黙れ黙れぇぇぇぇ!!!
色々なものが落ちる音。お父様がきっと散らかしたのだろう。
影山
影山
おやめください!
お父さん
お父さん
あの野郎…。恩を仇で返すとはこのことか?あん?
あなた

(胸ぐらを掴む音……?影山…!)

影山
影山
お…やめ…くださ…い…!
お父さん
お父さん
最後は*自殺*だとぉ?俺に迷惑のかけることしかしねぇ野郎がよぉぉ!!
ゴブ!)さっきより強く殴る音。
影山
影山
ぐはっ…あぁ……はぁ…
あなた

(苦しんでる…助けに行かなきゃ…!)

でも現実は違った。体が動かないのだ。
そっか。ああなりたくないのだ。影山みたいに……………























お姉ちゃんみたいに。
お父さん
お父さん
俺が殺したみてぇじゃねえか!!
ドン!)
影山
影山
グハッ……
あなた

(影山!)

体が思うように動かない。なんで?私はああなりたくない。そう思ったから?死にたく……ないから?
お父さん
お父さん
まぁ。あなたがそこそこの*出来*だからなぁ。あいつはよしとするが……
お父さん
お父さん
それより
お父さん
お父さん
あいつは出来損ないだったなww
この声と共にお父様の笑い声が響き渡る。私はいつのまにか恐怖でガタガタと震えていた。
あなた

…………!

怖い。死ぬ。怖い。死ぬ。
それを頭の中で繰り返していた。私はいつの間にか…















走り出していた。
























影山を残して。























それから耳にこびりついている。





















あいつの笑い声。























一生忘れない。ずっと、心の傷として

































私を締め付ける。