無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

episode5.
ジン先生の授業が1番 楽しくて 幸せな時間。





なんで かって?




それは ジン先生がかっこいいから。
あなた
ジン先生今日もイケメン…
モモ
モモ
( あなた目が輝いてる… )
ジン先生
ジン先生
あなたちゃん どうした?具合悪い?
あなた
ち…違います!大丈夫です!
そんなに顔赤かったかなぁ。恥ずかしい…
ジン先生
ジン先生
 …そう?何でもはやめにね ~
グク
グク
(俺なんで先生に嫉妬してんだ… )
あなた
は、はいっ





ーーーー 放課後 ーーーー

俺は思いきって聞いてみる事にしたんだ。
だって、こんな気持ちでいるの嫌だろ?

それに、ちゃんと知りたいんだ。
あなたが誰をどう思ってるのか、


グク
グク
あなた ちょっといい?
あなた
うん?
グク
グク
…ジン先生のこと好きなの?
あなた
え、うんん。違うよ?ㅋㅋ
グク
グク
顔…真っ赤だった
あなた
ほんと!?
グク
グク
ほんと
あなた
グク?
ジン先生 好きだけど、そういう好きじゃないよ?
グク
グク
じゃあ、なんで?
あなた
いつもイケメンだなぁ。ってㅋㅋ
グク
グク
そっか、
あなた
どうして?
グク
グク
なんでもねぇ。
…じゃあ、またな
あなた
あ、うん!(( ニコッ
グク
グク
(( っっ//























グクは なんで あんなことを 聞いたんだろう?
そんなに 私 の顔やばかったのかな…
なんだろう。
モモ
モモ
あなた ~!帰ろってばぁ!
_________ そんなとき モモに 呼ばれた。