プリ小説

第25話

ご主人様の言うことは絶対③

テテはいきなりキスをしてきて、私のアソコに長い綺麗な指をするするといれてきた。
あなた
あなた
あっ...//
テテ
テテ
俺が出て行ってるうちに何回もイったんだな、
テテ
テテ
するするはいるんだけど?笑
あなた
あなた
んっ...ごめんっ、ぁ...なさいっ..//
テテ
テテ
今にもイきそうな顔してるけどイったらダメだかんな?
あなた
あなた
あっ..//いやぁっ.../
あなた
あなた
ごしゅっ、じんさまっ…//
あなた
あなた
もっ...しませんからっ…//
テテ
テテ
感じながら謝られても説得力ないんだけど、笑
あなた
あなた
んぁっ..//

ちゃんと話したいのに指がバラバラに動いて私の気持ちいいところを攻めてくるからどうしてもいやらしい声になってしまう。
テテ
テテ
なあ、なんでヒョンとヤってたわけ?
あなた
あなた
あっ..そっ...//れはっ../
あなた
あなた
びやくっ、飲まされてっ..//
テテ
テテ
ふーん。まあでも、理由聞いたところでどうにかなるわけじゃないけど、


そういいおわると、指をぬいてパンパンになったテテのモノを勢いよくいれてきた。

あなた
あなた
ひぁっ..!///


イきそうになるのを精一杯に我慢する。

テテ
テテ
もう限界なんだろ、笑
あなた
あなた
はいっ...//
あなた
あなた
もうっ..//イきたいっ.//ですっ.../

声を震わせながらそう言うと、ドンッと打ち付けてきた。
あなた
あなた
あっ..!///
私はイった。


案外早く終わって、少し安心していると、

テテ
テテ
まだ終わってねーよ。

いきなり低い声で言ってくるものだから驚いて体が固まる。
テテ
テテ
お仕置きがこんな短いわけねーじゃん笑
あなた
あなた
えっ...
テテ
テテ
あのさ、
テテ
テテ
お前が動けよ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

‪‪︎아미︎^︎♡^🤟
‪‪︎아미︎^︎♡^🤟
ペンミ行きたかったよ.......グクミン....釜山..尊い、、、🐰🐥 ソンドク先生ーーーーーーーー!wwマイドロのダンス私にも教えてくださいー!w そして安定のVOPEも最高🤟🤟 ホソクの香水ほしぃ.... そしてこれからもBTSとARMYの希望でいてね🦄🦄 かわいい笑顔とかえくぼも全部大好きだよホビちゃんㅋㅋ🥰
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る