無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

3
マリンフォード頂上戦争後赤髭に連れられた場所は…
シーバス・you
シーバス・you
なんでフーシャ村に?
シャンクス
シャンクス
お前の力は強すぎるからな
シーバス・you
シーバス・you
海軍に…いや、赤犬、黒髭だけでもいいからとりあえず公開処刑しないと気が済まないからとりあえず止めても行くよ
シャンクス
シャンクス
それは止めないが、それをしたら白ひげ海賊団の団長全員海軍によって公開処刑されるぞ
シーバス・you
シーバス・you
そんなに弱くないよ皆
シャンクス
シャンクス
そうだなぁ、でも海軍もだよな
シーバス・you
シーバス・you
それなら海軍を壊滅……
シャンクス
シャンクス
そうしたら世界が混乱する
シーバス・you
シーバス・you
難しい言葉聞いてたら頭痛くなるから辞めてよ
シャンクス
シャンクス
とりあえず復讐を諦めるまでうちにこい
シーバス・you
シーバス・you
うち、うち、、、え?赤髭海賊団にかぁ、、
シャンクス
シャンクス
あなた…お前は幼すぎる
シャンクス
シャンクス
それゆえお前自身の能力で世界を破滅させるってこともあるだろう、
シャンクス
シャンクス
でもこうは考えられないか?その能力で世界が平和になるってこと
お前の能力は身を滅ぼしてしまうことだってありえる。
シーバス・you
シーバス・you
お父さんが居なくなった世界でもう私がすることはなんも無いしあるとしたら復讐だけ。でもその平和っていうのもいいかも……