第14話

さぁ、楽しい時間の始まりだ(樹side)
4,007
2021/07/19 11:39
(樹 side)

紹介されたその日の夜。

北斗が一週間後のパーティの下見や準備に行くといい、しばらく帰ってこないことがわかった。

北斗からは、

北「あくまでハニートラップのやり方だけを伝授だからな。俺のものだ。勝手にやるのは許さない。」

俺「はい、はい。任せて〜」

と、すごい形相で、にらまれながら言われたが、実際、俺はかなりやばいと思ってる。

あの大我くん相手に理性を保てるかどうか。



教育の時間がやってきた。


コンコンコン


大「は〜い。どうぞ〜」


さぁ、大我くん。

楽しい楽しい時間の始まりだ。

プリ小説オーディオドラマ