無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

🎀
SUGA
SUGA
なんだ~話って
RM
RM
僕達を呼び出すって珍しいですね
J-hope
J-hope
うん、紹介するねこちらあなたちゃん
RM
RM
どうも、RMです
SUGA
SUGA
SUGAだ
You
You
よ、よろしくお願いします
SUGA
SUGA
で話って?
J-hope
J-hope
うん、あなたちゃんマドンナじゃないけど
少し見学的なのしてもらってもいいかな
RM
RM
、、、僕は別に構わないけど
SUGA
SUGA
仕事の邪魔はすんなよ、、






そう言って2人は戻って行った
J-hope
J-hope
もう~暗いなあの二人は
J-hope
J-hope
じゃ、最後は~
ソア
ソア
こ、こんにちは








あ、マドンナの人だ










ソア
ソア
あなたさんですか?
You
You
え、えぇ、
ソア
ソア
イム・ソアです
ソア
ソア
私、、あの
J-hope
J-hope
テヒョンのマドンナねㅎㅎ
You
You
知ってます
ソア
ソア
え?
You
You
先程ドアの前で、、、、、、
ソア
ソア
す、すみませんっ私達気づかなくて
V
V
仕方ないだろ~








あ、来た








私が今頭から離れられない人








V
V
ソアのこと気に入ってるし






なんか胸がズキズキするな










ギュ
You
You
え?
JK
JK
僕だって気になってますよ~
JK
JK
あなたちゃんのことㅎㅎ





(お腹空いてきたんで寝ます(?))
잘자요(おやすみなさい)






Next➥