無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

# 21 衝撃
 

« 引っ越しが終わって同居生活初日の夜 »




ベットはダブルベットで2人で寝てます (¨)






あなた

無事に引っ越し終わってよかったー!
みやゆうさんにお礼しとかないと …

ポッキー くん
ポッキー くん
あなた
ポッキー くん
ポッキー くん
みやゆうさんのお礼は僕がしとくからさ … 。





お話しよ?
あなた

え、けど…お礼しな___

ポッキー くん
ポッキー くん
僕と話すの嫌なの?
あなた

嫌じゃないけど…

ポッキー くん
ポッキー くん
じゃあ話そうよ
あなた

お礼した後でもいいんじゃないかな …?

ポッキー くん
ポッキー くん
…やだッ
ポッキー くん
ポッキー くん
僕がいる場所で他の男と連絡取らないで … お願い …

ポッキーくんは泣きそうな顔で私の顔をみてきた

あなた

……わかった 。

ポッキー くん
ポッキー くん
ありがとう





ポッキーくんは 少し安心した顔で寝てしまっていた




















« 翌日の朝 »
あなた

ふぁああ …


「 おはよ 、 ポッキーくん 」
と言おうとしたがポッキーはいなかった
あなた

リビングにいるのかなぁ …

とリビングの扉を開け 、 リビングのソファには ポッキーくんが座っていた




やっぱり 、ここにいたんだ




私は悪戯心が働き 、 びっくりさせようと静かにポッキーくんの背後に忍びよった


.








あなた

ポッキーくん おは ____











私はポッキーくんがしている事に衝撃をうけ 、 「 おはよう 」と言おうとしたのに言葉がつっかえてしまった











あなた

ぽ っ …きー くん ?

ポッキー くん
ポッキー くん
あ、 あなた


ポッキーくんは私の方に振り返った




ポッキー くん
ポッキー くん
起き______




.








あなた

ポッキーくん …






.





あなた

なに … してるの ?